禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻子と愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

半纏マン

IMG_2982

父行きつけの本屋さんで、気に入った付録付きの雑誌を買ってもらえてご満悦の半纏マン!


DEAR MY LOVE

IMG_2968

布袋寅泰さんのライブに行ってきた。会場は南陽市文化会館。最近、大物アーティストが山形市内でなく近隣市町村のホールを使ってライブする機会が増えてる気がする。山形市内の繁華街で無料駐車場のない立地より、近隣市町村の大きな無料駐車場があるホールの方が駐車場所の心配をせずに済むから、自家用車がメインの移動手段である山形県民にとっては、かえって好都合に思う。

この南陽市文化会館は去年オープンしたばかりの新しい施設で、世界最大の木造コンサートホールということで、ギネス認定もされている。坂本龍一さんや福田信さん、キョードー東京の社長さんなど実際コンサートを仕事場とするいわば「現場の人達」が専門家委員会として携わって造り上げたとのことで、さぞかし音がいいのだろう…と期待していたが、ドラムやベースが輝いて聴こえたのに比べエレキギターの音はあまり前に出てこないよう感じた。というか、ギターソロの時などの単音フレーズはしっかり届くのだが、バッキング時の歪んだ音色はギタリストが2人もいるのに随分引っ込んで聴こえた。単純にアレンジやミキシングの方向性かもしれないが、アコースティック楽器には向いてるがロックコンサートには向いてない造りなのかもしれない。

布袋さんの活動はBOOWYの頃から、ムラがありつつも注目していたがライブを見るのは多分はじめて。映像作品や動画サイトで随分ライブ映像を見てきたつもりだけど、実際こうしてライブに参加してみたら結構印象がちがってびっくりした。アクションやMCがとても整っており、ギターのミスタッチが少なくない人な印象だったけど、リズムや音をはずことが(おそらく)全く無かった。

推察だけど、ロンドンに移住して向こうで活動するにあたり、アクションもMCも演奏もすべてワールドワイドなレベルに引き上げるためコーチがついて、ひとつひとつ突き詰めていったんじゃないだろうか?渡英前のライブ映像と比べると、布袋さんの定番アクションである左足モモ上げもあまり筋肉を使わずしなやかに上げてるように見えた。そして、ここぞというベストなタイミングで上げていた。

客層は中年男性が多く、みんな黒い服を着ていた。ボクもたまたま、ホントにたまたま黒いトレーナーにモノトーンのパンツで、何か…みんな「たまたま」だったら怖いなと思った。でも、ありえる話しでロック好き中年男性は、オシャレというと黒い服で、骸骨モチーフのアクセサリーや雑貨を見ると無条件で「アリだな」と考えてしまう習性があるのだ(もちろん自分もそのクチである)。

席は後ろの方だったが、右隣はすごく指笛がうるさい人(耳がキーンとなるくらいの指笛だった)、左隣は手拍子がうるさい人(パチパチでなく神社でかしわ手を打つようなパーンパーンという大きな音を出すのが得意な人だった) 、後ろは大声でホテイコール&熱唱の人、前はちょっとした岩山のような巨体の人という、あんまりな固められっぷりでちょっとした平安京エイリアン気分だった。岩山はさすがに体型的に疲れるらしく、ちょくちょく着席してくれるのがせめてもの救いだった。

左右後ろの3人は結構なファンらしくライブに熱狂していたが、アンコールの時にスッと座ってしまったので驚いた。「ボクはそんなに熱心なファンではないけど、アンコールは見たいので座らず“出てきてくれ!”という姿勢は崩さないぞ」と思いつつ頑張ったが、2度目のアンコールはボクもさすがに座った。それとなく3人をチラ見したが、みんな「どうせ出てくんだから」みたいな余裕ある感じでなく、普通に体力の限界で無表情で座っていた。もちろんボクも限界だった。

最後の曲はバラードだった。ホテイコール&熱唱の人が「ラストはFLY(IN TO YOUR DREAM)か…」と、俺わかってるぜ的につぶやいたが全然ちがう曲(DEAR MY LOVE)だった。


『この世界の片隅に』

gazou

ボクが子供の頃は、太平洋戦争を題材にした映画の上映会が学校の体育館や公民館で結構頻繁にあり、どこの図書館にも漫画といえば『はだしのゲン』 て感じで並んでいて…ちょうど戦後20年過ぎた頃で、高度成長期と好景気に煽られ「どんどん近代化する社会に対する違和感を感じてる戦中戦後派の焦り」みたいのもあったと思うんだけど、両親も教師も積極的にそういう…戦争映画を見せたがっていた気がする。

大嫌いだった。とにかく「あの悲惨だった戦争を繰り返さない」ことだけを主眼に作られた作品たちは、悲惨さや悲しさ・気持ち悪さや怖さを前面に押し出した“地獄絵図”のような内容で、観てしまった後は何日も悪夢にうなされたりした。

漫画家こうの史代さんが『夕凪の街 桜の国』を経て描いた『この世界の片隅に』を読んだ時、そして“THE BEST MANGA 2010第1位”“文化庁メディア芸術祭優秀賞”“最高の本!2010グランプリ”と立て続けに賞を獲った時、ついに現れた!とホントに心の底から嬉しかった。やっと、怒りや悲しみで思考停止してしまうような「反戦ありき」ではない(だけど多くの人の心を捉える)戦争漫画が現れてくれた!と…できることなら、10年後20年後の小学校の図書館には『はだしのゲン』ではなく、『この世界の片隅に』が並んでいてくれないかと!そんなことすら望んでしまうくらいに。

で、今月『この世界の片隅に』のアニメ映画が公開された。『この世界の片隅に』を心から愛する監督が、ただでさえ参照資料の多いこの作品の、さらに裏付けや具体的な舞台の特定に長い時間をかけ、30回以上広島・呉に足を運び…日々の暮らしに、飛び交う戦闘機にリアリティを求め…追求して追求して作り上げた作品。どこまでもマニアックで、それでいてポピュラーに仕上がっている。漫画同様、多くの人に受け入れられる作品として成功を収めるであろう。まあ、個人的な希望としては成功うんぬんより、終戦記念日付近になると繰り返し放送されるアニメ映画が『火垂るの墓』でなく、『この世界の片隅に』になってくれたらどんなにか!と思ってしまう。

最後に、アニメ版『この世界の片隅に』の感想を書かせていただくと…「良くも悪くも監督が作品を愛しすぎてる作品!」と思いました。愛してるからこそ妥協を許さず深く描かれている反面、愛してるからこそどのエピソードも捨てきれずトゥーマッチな構成になってしまってる印象。アニメ版を観て改めて、自分が漫画版を大好きだったことに気づかされもしました。自分と同い年の、同じように残酷な戦争映画が好きではなかったこうのさんが綴った、戦時中なのに“社会”でなく“世界”の視点から人間の生活を描いた漫画…「自分の娘にも読んでもらいたい」と思える素晴らしい作品だ。


七五三

DSC_0127

七五三のお参りに、ご縁のある帰命院さんへ行ってきました。産まれる前からご祈祷していただいたりと、色々気にかけていただいてるお寺さんなのでこうして「無事(数えで)3歳になれました」と手を合わせ報告できて嬉しかったです。七五三というイベントにそれほど思い入れがあったわけではなかったけど、想像以上にひと区切り感あった!子河童は住職のタイコに合わせて踊ってました。

帰命院さんもそうですが、子河童のことをあたたかく見守ってくれてる友人・知人にホント感謝しております。毎年、美味しい野菜送ってくれたり、子河童にプレゼント送ってくれたりしてくれる友人…こちらから同じだけのお返しが出来てるとは思えないけど、皆の優しさを尊敬してます。イベントで声をかけてくれる方々にも…そう、こないだも「子河童ちゃんに会いたくて!」と来てくれた方もいらっしゃったけど、ホント嬉しかった。「我が子が身内以外の人に認知してもらえる喜び」というものが存在することを知りました。

そして、パソコンやスマホの向こう側でチラチラ気にしてくれてる方々にも感謝。いつか、どこかですれちがった時に声かけていただけたら嬉しいです。落ち込むことも多い毎日だけど…何とか次、7歳という目標が見えてきたので、そこに向けて子河童の手を夫婦でしっかりと握り3人で歩いて行きたいと思います。


武蔵

いつ行っても作りたてのカツ丼が300円で食べられる食堂があったら人気店になりそうなもの…でも、不思議といつ行っても空いてる店、それが武蔵。チビが昼寝してる間、ひとりで市内に用足しに行ったついでに寄ったら壁に見慣れぬ品書きが

IMG_2847


「本日限定一食 超大盛(約三人前)焼肉カレーライス 580円」普段あまり特盛りメニューに手は出さないんだけど、金額的にリスクがないこともあって気がゆるみ注文してみた。

IMG_2846

思った通り、なかなかのボリュームだが中学生男子なら平常心で食べきるレベルの大盛りだ。カレーを運んできたおばちゃんが珍しくちょっと笑顔だった気がして「おっ」と声を出してみたが、すぐに真顔になったので会話には至らなかった。

肉とメシ、カレー肉メシ、乾き気味のキャベツに肉を馴染ませ、福神漬けでアクセントをつけて…ひとサジひとサジに少しづつ変化を作ったのが功を制したのか、終盤まで大きな後悔することなく食べきることができた。

席を立ちお会計…特に会話はなく、何故かお釣りを目の前のボクに渡さずサイドボードのトレーに置き(どうぞ) とジェスチャーで指し示してくれる斬新なスタイル。実に武蔵らしい!と思いつつ店を後にした。


Profile
Article retrieval
Comment
Amazon
Rakuten
Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: