禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻子と愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

飲酒履歴

先週土曜日は、ほんてんととっちいが山形に遊びに来てくれたので一緒に飲みました。1軒目“佐門”で馬刺し、ハツ刺し、センマイ刺し、モツ煮、サガリ串でビールを飲み、2軒目“にこみや”でホルモン串、ガツ串、モツ煮でさらにビールを飲み、あ、カミサンととっちいはストレートで焼酎をグビグビ…3軒目は“浅葱”に~ってな流れでしたが「これから行きます」の電話をしたら「いま閉めちゃった…」との事だったので、タクシーで駅前に出て“あかさたな”で焼鳥各種、串カツ、キュウリでさらにビール!ビール!しこたま飲んで、ボク1人が「ん?まだ飲めるな…」「もうちょっと飲んだ方がいいんじゃないか?」とつぶやいてるのをカミサンに「はいはい」といなされて帰宅いたしました。いやしかしホント、あそこで連れ帰られて良かったよ…あれ以上飲んでたらどんな酷い二日酔いになってた事やら…

fb1948c6.jpg

ほんてんは小泉首相似だった…ぜひ同じ髪型にしていただきたい!

ほんてんとは「はじめまして」だったんだけど“愛國戦隊大日本”の話で盛り上がれたし、とっちいとは相変わらず「ウフフ」「フヘヘ」って感じだったしで楽しい酒を飲む事ができました。2人共遠いとこからわざわざ遊びに来てくれてありがとう!また来週も狸小路で待ち合わせね!

9eafb433.jpg

カミサンの演技指導の下「ダブルピース」だの「ニャー」だのやらされてる中年男性達

次の日は2人をホテルに迎えに行き、龍上海で辛味噌ラーメン→山辺温泉→スーパー→千歳山コンニャク→物産会館→栗川稲荷神社→山形駅のコースを回って解散!たくさん食ったよ!

どんぐり丸飲み部隊

早速、新しいカメラを使ってメシとかメシとか、あとはゼニを撮ったりして遊んでいます。まだ全然ピンときてないけど、それでもそれなりに今まで感じていた不満は解消できているので嬉しい。

zeni2.jpg

そういえば、昨夜の夕飯はカミサンが3種類も料理を作ってくれた。ボクの日記を長く読んでくださってる方ならわかっていただけると思いますが、こんな事めったにあるもんじゃござあせん。ボクが前日に作った肉ジャガと合わせて4品もテーブルに並んでるもんだから、何に手つけていいのかわかんなくて軽くパニクリましたよ(いや、さすがにこれはウソだが)2年前のボクの誕生日、仕事から帰り「何かごちそう作ってくれてるかな?それとも外食とか行くのかな?」とワクワクしながら家に入ると、パジャマのままテレビの前に座ってる妻、食事が用意されてる気配もない…「ゴハンは?(ワナワナ」「あ、うどんでいい?」っていう人ですからね~酢の物と汁があるだけで、ボクがこんなに喜ぶのも無理はないって話ですよ。

yonsina2.jpg

右下の写真は、近所の洋菓子屋のきなこ風味ロールケーキ。ほんとはこれに同包されてる黒蜜をかけて食べるんだけど、甘い物苦手気味な我々的にはこれで充分。もらいものなんだけど、このままでは冷蔵庫のコヤシになってしまうこと受け合いだろう…その前に誰か食べにくるがいいと思います。

cae9c49b.jpg


右下の写真は、彩に教わったニラを豆板醤等で和えたツマミ。カミサンが「ちょっと作ってみよう」ってんで、豆板醤以外にも合いそうな調味料を色々入れてコネコネし、しんなりしたとこを口に含んだ瞬間「あ、ビール飲まなきゃ!」ってヒラメク類いの料理だった。次の日も会社だというのに深夜0時から缶ビールを2本も開け、しかもニラを食べ過ぎたおかげで胃がもたれなかなか寝つけなかったという…実に食いしん坊らしい失敗をしてしまった。

401446b7.jpg


 

健康家族

oubo2.jpg

ボクは骨折や入院はおろか大きな病気というものをしたことがない。今までいたって健康な人生を歩んできた…そして、ボクの肉親もみんな基本的に健康である。「家族が健康でいるのが何よりだ」「みんなが健康でほんとにウチは幸せだ」長年そう信じて生きてきたのだが、今こうして病気の妻と暮らしてると「家族が病気ってのも悪くないんじゃないかな?」と、意外な事を思うようになってきた。

ボクのような欲の強い人間は、日常が平穏無事過ぎると刺激を求めて心が浮ついてしまいがちだが、妻がたまに発作とか起こしたりするとフワフワしてなんかいられない。その都度「自分は何をしてあげられるか?」「自分は妻を本当に愛しているのか?」という真理に面と向きあわねばならないからである。苦しんでいる家族が目の前にいて、助けてあげられるのは自分だけ。しかも、それは機械のようにスイッチ押せば治るものではなく、愛情の質を問われるようなシビアな対応を要求されるのだ。

家族みんなが健康だったから…という事だけが原因ではないだろが、父親はボクが幼い頃から70歳近い現在に至るまで、毎日必ず外で酒を飲んで夜半過ぎに帰ってくる生活だし、ボク自身は学校を卒業すると同時に家を飛び出た。母親は我々と深いコミュニケーションをとる事をあきらめ犬猫に愛情をそそぎ、弟も数年前に所帯を持って独立した。深い場所に血の絆はあっても決してお互いの領域をは侵さない、心に距離のある家族だったように思う。

昨夜、母親から電話があった。人間ドックにひっかかり、先月再検査をしていた父にガンが見つかったと…それも、残念ながら初期ではなかったという。どの程度広がっているか、転移等についてはさらに月末に検査するそうだが「毎晩飲み歩いてるツケが回ってきたね」なんて笑ってられる状況でない事は確かだ。

冷静を装い「アレがアレだからってアレすればアレって事もありえるんだから、必要以上に本人にアレしないようにアレしてこうよ」と告げて電話を切った。ちょうどトランクとビデオチャットをしていたので泣き言のひとつも投げかけてみようかと思ったが、しきりに伸びない前髪をいじりながら「横だけがどんどん伸びちゃってさ~床屋に行くって彼女に言ったんだけど、短くしちゃダメみたいでさ~でさ~でさ~」と無邪気に語る姿を見てたら、その気も失せた。

話がそれたが、これを機会にちょっと両親に対して踏み込んでみようと思う。書籍やネットで父の病気についての知識をつけ、現在行われてる治療の意味合いや、いざ相談された時に医療用語が理解できず「それって何?」なんて答えることのないように勉強して、決して意志の疎通がうまくいってるわけではない両親の間に入って…治療方針に口出しする気はないが、すでにその事で父母の考えに溝ができつつあるので、それを埋める作業をしてみたい。遠く離れて暮らしてるだけに、そばで世話を焼いたり、病院に送り迎えをしてあげる足にはなれないが、電話やメールで“仲を取り持つ”てな事はむしろ向いてるかもしれない。

「そうだそうだ、ボクにだってできることがあるはずだ」とつぶやきながら立ち上がり茶の間の窓を開けると、雨の湿気が夜の闇に漂って見えた。思いっきり深呼吸するボクの足元でゴハンを食べ過ぎたゼニがゲロを吐き、それを雑巾で片付けながら「とりあえず少し冷静になろう…」と思った。
 

セットメニュー回避強化月間についてのお知らせ

そんなわけで日曜日の朝、目を覚ますと二日酔いだった…ので“うまかっちゃん”を作って朝メシ。白いドンブリにトンコツスープの白!麺も白!唯一の具であるネギも白!半分で飽きてしまったので、キムチを混ぜて完食した。これで二度寝すりゃ二日酔いも治るべ…と思い、二時まで寝たが吐き気は弱まらない。オエッてなりながらも腹は減ってるので、カミサンを起こして外にでる。山辺にある栄屋支店のもやしらーめんを食べる気マンマンで訪ねるが、三時から昼休憩だそうで暖簾が引っ込んでる…しょうがないので、ちかくのショッピングセンターベルの長寿庵に行く。ここはスーパー内の蕎麦屋でありながら蕎麦もラーメンもなかなかうまいと評判の店なのだ。もやしらーめんのとろみが頭の中でモンモンとしていたので、野菜あんかけラーメン600円とゲソ天100円を注文、カミサンは辛味噌ラーメン600円。野菜が練り込んであるこの店オリジナルの緑色中華麺は、うんうんまあまあなるほどってな味、けっこう量があって満腹。食後、スーパーをひと回り…全然期待してなかったが、なかなかの品揃えで思わずいっぱい買い物してしまった。紀文の豆乳168円とひきわり納豆4p100円は我々の知る限り過去最安値!う~ん、山辺もなかなかあなどれないなあ…

b9a1a21a.jpg


そのまま温泉に行きサウナで汗を流すが、二日酔いが残ったままだったので疲れてしまった。しかし、しなければならない買い物がまだまだあったので気合いでジャスコ→元気市場を回り、栄助寿司で夕飯。ずっと西店に通っていたので久々の南店だったが、やはり相変わらずカピカピに乾いたネタが回っていたり、握ったばかりのシャリは“ホカホカ”って言っていいほど温かすぎたり、順番待ちの客をうまく回せてなかったり、バイトはおしゃべりしてたり…と雰囲気が悪く、西店まで足を伸ばすべきだったと後悔してしまった。

9e2ed615.jpg


それはそうと、ついに新しいデジカメを購入した!当然、狙ってた通り“手ブレ補正機能”が搭載されているタイプである。これでまた食い物の写真を撮りまくれるって寸法でさあ…ケケケケケって感じだが、ほんとは今までと同じくコンパクトタイプにするつもりだった。なのだが、タイに行った時にゲンちゃんが撮った写真がやっぱちがったのだ…どんなに画素数がそれなりであってもコンパクトカメラの小さいレンズではどうしても奥行きのない画像になってしまう。カメラ好きな人なら誰でも知ってる事なのかもしれないが、ボクは37歳にして初めて実感してしまい…しちゃったらもうコンパクトは嫌になってしまったのだ。言わずもがなワガママなのだ。

Panasonic DMCーFZ5ーK LUMIX デジタルカメラ 500万画素Panasonic DMCーFZ5ーK LUMIX

12倍ズーム 500万画素 手ブレ補正機能搭載
新品¥47,725 ユーズド商品¥30,000

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

飲酒履歴

土曜日は義母50歳の誕生日だったので、ひさびさに食事にでも行きましょう!という計画をたてていたのだが、前夜から始まった夫婦ケンカが尾を引いてしまったとのことで急遽中止!お酒が絡んでのもめ事など以前のボクだったら嫌悪感を持っていたかもしれないけど、今はホラ…自分自身がすっかり酒乱の国の住人なので「じゃ、しょうがないね」みたいな…

2e1bb19b.jpg


なので、カミサンと2人で以前から気になってた居酒屋に行ってみることにした。住宅街の中のひなびた雑貨屋だった場所が、数カ月前から突然「やきとり」という赤ちょうちんをぶらさげ始めた…という「前田村」なる店だ。なぜ「村」?外から店内の様子は見えない、まあ場所が場所だから近所の常連が2~3人で飲んでて店に入るとジロジロ見られたりして…なんて思いドキドキしながらドアを開くと、10名程座れるカウンターは満席で隅っこの小さな座敷きだけが空いていた。「はい、いらっしゃ~い」「あ、あそこ…いいですか?」「どうぞどうぞ」とりあえず潜入成功!やはり店内はほとんど常連のお客さんらしくかなり賑やか、注文したのはビール大瓶600、レモンハイ300、モツ串100、レバー串150、牛心臓刺400。夫婦2人できりもりしてるので注文した品が届くのは遅かったが、どれも丁寧な仕事が感じられておいしかった。心臓刺は写真の通りこの不思議な状態で盛られてきた…小振りだけど筋や脂分がキレイに取られ、臭みもなかった。串もいい感じなんだけどタレがもろに業務用のもので台無し…焼く時に「塩でいいですか?」って聞かれたから多分塩がオススメなんだろうな…でも、たまたまタレな気分だったのだ!追加で頼んだ日本酒熱燗(1合300)を2人でズビズビと飲み「まあまあだな」「だな」と言いながら店を出た。

ce9b63f8.jpg


ホロ酔いのいい気分になったので、やはり以前から気になっていながら行った事のない別に店にも訪れてみよう!今日は新規開拓な気分だ!と盛り上がって帰り道からそれて向かったのだが、生憎すでに閉店した後だった…土曜のまだ9時台なのに閉店かよ?しかし、完全に新規開拓モードだったので「じゃあ、もうちょっと離れた別の店へ!」と提案したが、カミサンに却下され帰宅。

8be108b7.jpg


カミサンにツマミを作ってもらい、赤ワインで飲み直し!最近すっかりお馴染みの本田夫妻をビデオチャットに呼び出し、グダグダ話しながら遊んでもらう。あっという間にボトルが空いてしまったので、以前ユニちゃんからいただいた焼酎をグビグビ…結局、法事帰りで疲れてるという本田夫妻を午前4時まで付き合わせ記憶が飛ぶまで飲んだ。おかげで日曜日は当然のように二日酔い…宅飲みで次の日に残るほど飲むって何か複雑な気分だ。
Profile
Article retrieval
Comment
Amazon
Rakuten
Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: