禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻子と愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

デコピン四十八手

最近は粗食を心がけております。粗食ダイエットじゃ!ってわけではないし、体重に大きな変化もありませんが、とにかく胃がもたれない生活ってのはいいもんです。すっかりゲップの回数も減りましたし…

そんなわけで内臓の具合はいいのですが、肉体の調子はあんまし良くないのです…腰を中心に外腿と肩から首にかけて…全部右側だけがボンヤリ痛いんですよ。片側だけってとこが嫌な感じだったんで、ネットで脳血栓とかそれ系の事を調べてたらどんどん怖くなっちゃって、身内に脳血栓経験者のいるなおなおに「どうだろうか?」ってメールしたら「キミならありえるね…体型的にもヤバいし」なんて返ってきたもんだから「あ~もうダメだ~」みたいな…まあ、とりあえず納豆が良いってんで今は毎日朝夕と納豆を2パック食べてます。だから、家で食事してる時はいつもボクの箸はネバついてるってわけです…ピース!(糸ひく箸で

そんな、脳血栓を心配してる人がどうなの?って感じですけど、相変わらずサウナには週2~3回通ってますね。しかも最近はサウナの中で読書する事を覚えたんで、かなり長く入ってられるようになりました。水風呂に「血が詰まりませんように…」と願いながら飛び込んだりとか…今冬は結局寝込むような風邪をひかずに済んだのはコレのおかげな気がしてるんで、ビクビクしつつこれからも通い続けると思います。

こないだ、ちょっと古い料理本を読んでて始めて知ったんですけど、肉じゃがの豚肉バージョンて“じゃがブー”っていうらしいですね。いや、そんな風に呼んでる人見たことないけど、そうらしいですよ。もし聞いた事ある方はぜひ申告してください…私が誠意を持って驚かせていただきます。ちょっと前までは“知り合いの家をグルグル回って各家庭のカレーライスを食べ比べたい”という野望を持っていたのですが、今はカレーじゃなくて肉じゃがでやってみたい。だっておいしいもの、肉じゃが!

去年1年間、ラーメンの写真を撮ってきて強く思ったのが“手ブレ抑制機能”のついたデジカメが欲しい!って事だったんですけど、いま使ってるやつを買ったのが去年の5月、そんでその前のは買って半年で酔っぱらって無くしてるんで、カミサンが「ん、新しいの欲しいの?いいよいいよ」なんて言うわけなく、ここ数カ月説得…っていうかダダをこね続けてきたかいあって、やっと許しが出ましてですね…近日購入予定ですよ!これでまたモチベーション上がって、ラーメン撮りまくって(食いまくって)、コレステロールがドーーーン!で、血管がバーーーン!なワケですよ!うはははははは

d4ea8fa2.jpg

中:どんだけ極上なのかと試しに買ってみたが、辛くも酢っぱくもない素っ気ないキムチだった。辛いの苦手なおばちゃんや子供も「これなら食べれるよ!」って言いそうな…2度と買わない

飲酒履歴

先週の土曜日はカミサンの誕生会(という名目の飲み会)でした。2月にカミサンと2人で行っていい感じだった“炙りやジョニー”の宴会コースを使ったんだけど、これがなかなか良かった。電話で予約する時にコースの内容はわからなかったので、とりあえず飲み放題のついた一番安いのにしてもらったんだけど(3500円でした)、かなりボリュームがあって参加者全員満足してた!

75a8f8d6.jpg

野菜は最初にジンギスカンと共に出てきた少しだけ…とにかくタンパク質なのだ!という潔さが大きな満足感につながったのだと思う。

テーブルに置かれた七輪を使って自分達で炙ってく(まさに店名の通り)スタイルなんだけど、出てきた物をザッと書くと…ジンギスカン3種類、牛肉、蔵王鳥、豚ノド軟骨、ホルモン、カツオ(刺身用カツオにハケで醤油を塗りつつ炙る!)、イカ、焼きおにぎり!これが、全部(いや、ほんとに全部)みんなで食べながら「あ、これウマイ!」「おいしいなあ~」って連呼するほどおいしかったんですよ!これって、すごいことだよ!ボクが参加した飲み会の中でこんなに「おいしい、おいしい」を聞いたのって間違いなく今回がNO.1だと思う。そのせいか、参加者のテンションも高く爆笑しっぱなしの誕生会になりました。まあ、今回はコース内容が何もわかんなかったってのもワクワク感をかもしだしてくれただろうから、2度3度と利用するうちに新鮮味はなくなっちゃうだろうけど、また今週も行きたくなるくらい良かったよ!

e4d041b1.jpg

トランクがカルアミルクを頼んだらジョッキで出てきた…素晴らしい店だ!驚いた事に最後の方に出てきたイカを全員が「うまい!」って言ったんだよ!普通、網焼き界でイカなんてかなりカースト低いじゃん?なのに、なのに!

ちなみにアルコールも、定番の生ビール(モルツ)やチューハイ類をはじめ、芋焼酎や日本酒、ローズヒップやマカディアを使った女性が「むむっ」って興味をもちそうなカクテルもあり、かなり多種類用意されてました。この日のポチあにきのオーダー遍歴は、生ビール→生ビール→生ビール→芋焼酎ロック(大きめのロックグラスにたっぷり)→芋焼酎ロック→日本酒(冷や)→日本酒→芋焼酎ロック→生ビール→芋焼酎ロックという酒豪全開モードでした。

b02e55ba.jpg

引っ越し以降超多忙だったという悦ちゃんのテンションは果てしなく高かった。店に向かう車の中で「飲み会♪飲み会♪」と歌い出すほどに!カミサンは笑顔で「おたんじょうび」というワッペンをつけていた。30歳になると色々な事が平気になってゆくのだな…と思った。

満腹になりつつも2軒目は、いつもの“浅葱”へ!午前1時半までみっちり飲んで、この日わざわざ東京から来てくれていたトランクと共に帰宅するも、ここから今度は本田夫妻とビデオチャットしながらさらに缶ビール!缶ビール!トランクが尻を出したり、尻を出したり、それから尻を出したりと4時半まで騒いでから寝ました。いや~ほんと楽しかった!もしかしたらカミサン以上に…ってくらいボクが楽しかった!

--------------------------

炙りやジョニー
住所:山形市七日町7-33(セブンプラザ裏)
電話:023-632-3319(宴会予約は前日までに)
営業:18:00~AM2:00(日祝は0:00)

タイ仕入れ日記7:~帰国

今日はあらかじめ本田夫妻と別行動の予定だったので、朝メシはあきらめて10時までゆっくり寝た。昨日のウィークエンドマーケットでの仕入れが思った以上にうまくいったので、今日はそんなにがっつかなくても荷物はかなり揃っているので安心だ。シャワーで目を覚まし、カミサンと2人でホテルを出発!

1987bb91.jpg

左:滞在したホテル 中:祀られている街路樹 右:ホテル近くのシーフードレストラン(水槽ではシャコが大量死

地下鉄に乗ってウィークエンドマーケットへ…今日は身内へのオミヤゲや自分用のモノを探そう!なんて話していたが、いざ市場に入ってしまうと気になるのは商品になりそうなものばかり…結局夕方までみっちり回り、昨日よりは全然少ないがTシャツ類を中心におもしろい商品を見つける事ができた。食事は2回、いつも行く生春巻きを出す店と、ステーキの店。自分用にはシルバーのペンダントを購入する事ができた。

5e58fd63.jpg

左:生春巻き 中:ソムタム(青パパイヤのサラダ 右:ガイヤーン(鳥の炭火焼き

部屋に戻ってひと休み…今日は仕入れた荷物の量が少なかったので着ていた服も昨日よりはくさくならなかったが、汗だくのまま持ち帰るのは嫌だったので、ちゃちゃっと洗濯。カミサンは商品の梱包をしていた。

736cfbca.jpg

洋食スタイルの店:ウィークエンドマーケットでは多分ここだけ…おかげでいつも激しく混んでる!

20時前に本田夫妻と地下鉄で移動…ペップリー駅近くで男性陣はタイマッサージ、女性陣はオイルマッサージ。2階の真っ暗な部屋に通され、ゲンちゃんとマットに並んで待っていると、入ってきたのは小柄でポッチャリしたかわいらしい女子と、野球部の後輩って感じのちょっとナヨっとした男子…そして、当然ボクの方には野球部が!一瞬「くそっ」と思ったがよくよく考えてみれば、自意識過剰なボクが暗闇で女子と密着してリラックスできるわけもなく「これで良かったのさ…」と思いつつ、隣のゲンちゃんが女子に尻を踏まれながら「痛くないですか?」「き、気持ちいいですぅ~」なんて会話に聞き耳をたて、絶対この事を日記のネタにしてやる…と心に誓っていた。

819e2d24.jpg

地下鉄のホーム:電車を待ってる間は線路とのしきりのガラスがモニターになりCMが流れてた。

タクシーでプラトゥーナム方面に移動して、ビックCでオミヤゲ類の買い納め。自分用にフルーツ豆乳をパック買いしたり、ホタルイカのスルメを買い足したりした。そして、バンコク最後の夜もやっぱり伊勢丹前にある、雷魚の屋台へ…氷入りビールで乾杯!これでしばらく食べられないと思うと、いつもの料理もよりいっそうおいしく感じた。

b8a1d59b.jpg

前回来た時にもいたイタズラばっかしてる花売り少女。彩がカメラを向けると意外におすまししてた…

「明日は飛行機に乗って帰るだけ」という頭があるからかビールもクイクイと入って、いつもに増して楽しく飲めた。結局、屋台がかたずけ始める0時過ぎまでそこで飲み「もう1軒行こうよ~」というボクの意見は却下され、タクシーでホテルに帰った。唯一「まだ飲み足りないよ~」に同調してくれた彩と部屋で飲み直す…初めて彩と会った時の暴れぶり、初めてゲンちゃんを山形に連れてきた時のツブレっぷり、2度目に山形に来た時はボクが二日酔いで次の日会社を休んだっけ…など、思い出す事と言えばどれも酒がらみ…これでいいんだろうか?という気がしないでもないが、こうやって楽しく一緒に旅行できてるんだから、いいに決まってるのだ!結局、4時半まで(ちなみに次の日は6時起床予定だった)ウダウダと飲み続け「いい加減にしなさい」とカミサンに諭されて解散。

6-1.jpg
さあ、帰るぞ!

寝る前に汗を流そうとシャワーを浴びていたら、酒乱が発動してしまい突然猛烈にゼニとモジャが心配になって号泣!ベッドで熟睡していたカミサンを呼びまくってたとこまで覚えてる…が、次に目を覚ました時にはベッドでカミサンに揺さぶられていた。気がつけば、荷物も着替えも全部準備されている。二日酔いの気持ち悪さに耐えながら、何とか服を着て荷物を抱える。時計を見るとロビーに迎えの車が来る10分前だった…この時ばかりは、カミサンに深く深く感謝した。ロビーに下りると本田夫妻も微妙なムード…朝方ベロベロに酔って部屋に戻った彩と、寝ぼけてたゲンちゃんとでちょいと揉めたらしい。しかし、妙に感心したのは両カップル共どちらか片方だけがグダグダになってるのね…二日酔いのボケた頭で「うまくできてるもんだなあ~」なんて思っていた。

b8ed9309.jpg

左:空港のレストランでしょぼくて高い朝メシを… 右:帰りもゲンちゃんは必ず荷物検査で止められたのだ。

飛行機を乗り継いで夜8時に成田着。その日は実家に泊まり、次の日再び一週間前と同じ寿司屋でがっついてから帰途についた。「東北は雪が降ってる」という情報にかなりビビったが、風は強かったもののどうにか雪にはあわずに帰ってこれた。日本に着いてからずっと「ラーメン!ラーメン!」と思ってたので、山形に着いたその足で亀太郎ラーメンに駆け込んだ…思わず残しちゃう程マズかった。

6-7.jpg

今回の旅行に同行してくれ、荷物持ちをしてもらい、たくさんの写真を提供してくれた本田夫妻に感謝!留守中、ゼニの面倒を見てくれたポチあにきに感謝!帰り道、気象情報をくれたなおなおに感謝!泊めてもらった上に寿司だのオミヤゲだの色々面倒みてもらっちゃった両親に感謝!そして、今回もお世話になりました…カミサンに最大限の感謝を!みなさんのおかげで今回も無事に旅を終える事ができました!じ、じ、次回も…よろしく~

タイ仕入れ日記7:5日目

8時半起床、今朝もカミサンは「朝メシいらんぞ」というので、本田夫妻と3人でレストランへ…昨日は朝からカレーを食べすぎてしまい(何故ならおいしいから)、それが腹痛(というか胃もたれ?)の原因である可能性が高かったのでオカユだけで…と思ったがやはりカレーに手がのびてしまう(何故なら何故ならおいしいから)。

a5be188f.jpg

地下鉄の券売機:おつりを受け取るスペースがやけに大きく、しかも勢いよく出てくるのでなかなか手強い。

10時半にホテルを出て、地下鉄でウィークエンドマーケットへ…今日は特に天気がよくて日射しがジリジリと肌に刺さる。マーケットは相変わらずの人出で、ゆっくり歩いてるだけでも汗が額から溢れてくるようだ。

77d1a645.jpg

左:そこいらにあったイスで勝手にひと休み 右:撮ってる自分が撮られてる

そういえば、今回の旅行でボクは「手ぬぐいで顔をゴシゴシ吹く快感」というのを初めて知ったのだ。「裸の大将」がよくやってるアレをイメージしていただくと間違いないのだが、アレはたまらんよ!アレは!体型の割にそれほど汗っかきではないので今まで試した事はなかったのだが、ハンカチがわりに持ってきた木綿の手ぬぐいで「あ~もう暑くてたまらん!」て感じで乱暴にゴシゴシしてみたら、鋭い吸汗感とやわらか過ぎない木綿の肌ざわりがたまらなく快感だった。日本に帰ってきてからも、サウナで額の汗をタオルでぬぐいながら「あぁ、ちがう!こんな柔くちゃちっとも気持ちよくないわよ!」と若干内股になりつつ絶叫している(心の中で…

58656456.jpg

シャッターチャンスを逃さない男!得意なモノマネは、おじいちゃんキャラだ!

インディーズブランドのコーナーをじっくり巡り、それなりの収穫…あてにしてた店の新商品もなかなか良かった。やっぱり今回はTシャツがかなりカワイイ!手ぬぐいで顔をゴシゴシやりながら「いや~ん、コレ超かわいくな~い?」とか言ってると、店員が「いくら気に入っても、お前に着れるサイズはないぞ…」みたいな顔してボクを凝視してたりする。ちがうよ!オレが着るんじゃないよ!こういう時に限ってカミサンはさっさと先に行ってしまってたりする。

af4e33e9.jpg

乞食の老夫婦:ハーモニカを吹いてるが音は2つしか鳴ってない(吸ったり吐いたりしてるだけ。そして、傍らには新たな民族楽器が…たゆまぬ営業努力を感じた!

陽が傾くまでみっちり働いて、ビールで軽く乾杯!本田夫妻の協力で今日も荷物持ちが楽だった。店が閉まりだすと、シャッターの前で焼き鳥やウインナーを焼いて売り出す人達が出てくる。みんなで買い食いしながら地下鉄の駅まで歩いた。

5-4.jpg
いい仕入れが出来たので、かなりご機嫌!

にしても、汗をかきすぎて自分が着てるTシャツが臭い…まるで、掃除道具入れに放置された雑巾みたいだ…そういえば、今日は本田夫妻に正露丸をもらって飲んだおかげでほとんどトイレに行かずに済んだ。今までタイで下痢になっても「出るだけ出しゃいいのさ!」とばかりに放っておいたが、やっぱ薬っていいね…これからは素直に持ち歩く事を誓った。

e19e6858.jpg

同じくご機嫌なカミサン、ジュースとビールを2本のストローで同時吸引!

一旦ホテルに戻りシャワーを浴びてさっぱりしてから洗濯、来るたびに洗濯の手際が良くなってるのが実感できる。カミサンは荷物の整理を始めた…明日で仕入れは最終なので、量の調整。8時過ぎにホテルを出て、再び地下鉄にのりスクンビット通りに向かった。全員でタイマッサージを受ける…1時間くんずほぐれず、みっちりほぐしてもらってたったの450円!2日目から感じていた腰の痛みもだいぶ和らいで、明るい気持ちになる。

5713e3a2.jpg

料理が並び浮かれる本田夫妻、タイ人店員も思わず目を見張る完璧なダブルピースだ!

soi22のバンコクに来ると必ず一度は寄るレストランでビール。顔馴染みだった弾き語りのノイはいなくなっていた(ステージもなくなっていた…)が、さらに成長したメイには会えたので満足。笹巻きの揚げ鳥と、空芯菜オイスター炒め、トムヤムクンにエビフライに…いつも行ってる屋台の倍近い値段だけど、日本に比べればまだまだ安いし実際高い分だけおいしい!地下鉄があるうちにホテルの最寄り駅に戻り、昨夜みんなが行ったシーフードレストラン(と いっても駐車場のようなとこにプラスチックのテーブルと椅子を並べたビアガーデン?)に行こうという事になった。さすがに本田夫妻も疲れ気味だったが、駅前から「よ~し、店までみんなで競争だ~!」ってやったら3人全員が走り出してくれたので笑った。昨日も担当してくれたという17歳の少女がモジモジ しながらオーダーを聞きにくる…昨夜「指差し会話帳」で彩が質問しまくったらしく、それが嬉しかったのかちょっと離れた所からも彩の方をチラチラと意識している。

5-3.jpg
ライトのつかない腕時計に何やら青い光が…拡大してみると、何ていうか何とも言えない影が…

トムヤムクン(当然ゲンちゃんのオーダー、今日3杯目)と、トロみのついた海鮮炒めを食べながらチアーズビールを飲んだ…うまい!海鮮炒めにはオコゲのように揚げた幅広の米麺が入っていてモチモチしつつも香ばしくて実に美味!腹が減ってたらおかわりしたいくらいだ!彩は17歳少女にメールアドレスを聞かれていた…メモに書き渡してあげると満面の笑みで走り去り、同僚に自慢しまくっていた。みな、疲れから急速に放心星人化してしまったのでそろそろ帰って寝る事に…こういう時、ホテルから近いのは便利だ。てくてく歩きながら自分の手を見ると驚く程パンパンにむくんで、真っ赤に!部屋に戻ってスニーカーを脱ぐと足もパンパン!タイマッサージで血 の巡りが良くなり過ぎたらしい…とりあえず、どうしたらいいかわかんないけど水を多めに飲んで寝た。

タイ仕入れ日記7:4日目

8時半起床、ちょっと疲れてきたカミサンは「朝メシいらん」と言うので一人でレストランへ…本田夫妻は2人して熱心に温かい豆乳をよそっていた。「ね、見て見て!湯葉ができてたんだよ!」満面の笑みで豆乳にできた膜を食べている彩を、これまた笑顔で見守るゲンちゃん…まぶしいのう。

4d4797dd.jpg

「魚の骨」でできたネックレス…つけて歩いてるとネコが寄ってくるんよ(ウソ

一服してホテルを出発。地下鉄とタクシーを使い仏具市場に移動した。仏様のモチーフがついたペンダントをカミサンとおそろいで購入。ひと回りした後、タクシーで衣料市場方面に移動するが渋滞にハマってしまいイライラ…そのうち尿意を催すは、カミサンは「ここどこ?あとどれくらい?道間違ってないか?」を繰り返すのでイライラが募り口喧嘩に…結局トイレを我慢できずに途中下車してデパートのトイレに飛び込んだ。なんか腹の調子悪いなあ…朝から何回トイレにしゃがんだだろう?

96f83758.jpg

左:仏具を見入る本田夫妻 中:豚串おやじ 右:荷物を抱え歩くゲンちゃん

しばらくケンカしながら街を歩き、プラトゥーナムに新しくできたビルのフードコートで食事。カミサンが昨日から食べたがっていたパッタイ(タイ風ヤキソバ)を与えてどうにか機嫌をとる。

6e06317c.jpg

どんなに疲れていてもカメラをむけられたら…力いっぱい指を広げてピース!

腹ごしらえを終えた所で、馴染みの店をグルリと回る。いつも担当してくれる店員さんに挨拶すると「おぉ、ひさしぶり~」って感じで顔がパッと明るくなるのが嬉しく、テンションも上がる。どんどん増える荷物を持ち歩くのも4人だとかなり楽!午後6時を回りあちこちでシャッターを降ろす店が出てきたので、今日の仕入れ終了。

昨夜、彩が買ったスルメがおいしかったので「我々も同じものを…」と再びビックCへ行って買い込む。こっからホテルに戻ってまた食事に出るのも大変だから…と、今日も向かいの屋台郡で雷魚を食べる事にした。店先で炭火に炙られた魚や肉をキョロキョロ見ながら歩いてると、昨日はいなかった前回来た時に仲良くなった店員の女の子がいた。近づきながら「ジキック!」と名前を(自分の中ではニヒルな笑顔を浮べたハリソン・フォードのイメージで)呼ぶと、ボクとカミサンを交互に見て「オ~!」と思い出して(多分)くれた。いつも荷物の多い我々の為に、テーブルを2つくつっけて8人位座れる席を作り早速ビールと氷を運んでくる。とりあえず、雷魚とトムヤムクン・ソムタム・豚の炭火焼きを注文してカンパイ!

2bfa3e6b.jpg

トムヤムクンがテーブルに置かれると、しばらくゲンちゃんは吸引マシーンと化すのだ。

彩はぜひ食べてみたかったというラープ・ムー(豚とハーブを和えたサラダ)を「指差し会話本」を使ってジキックに注文している。朝メシを抜いたカミサンは「昨日まではちょっと食べ過ぎた。これくらいの方がお腹が張らなくて調子いい」と言って、氷ビールをガンガン飲んでいる。ボクは下痢疲れか早々に酔ってしまい、グッタリ…ジキックは我々のテーブルに座り込み、彩の「指差し会話本」片手にみんなと話しこんでる。「いらっしゃいませ」以外の日本人を呼び込むための日本語を知りたいらしい…盛り上がってるとこ悪かったが、不調を訴え帰る事に…去り際、ジキックに「また明日も来いよ~」と言われるが前回と違ってホテルから遠いからどうだろう…曖昧な笑みで手を振った。

4-3.jpg
ほんとゴメンナサイ…もうギブです…横にならせてください…ピース…

ボク以外の3人(特に女子2人)は「もう帰るのかよ~」「まだ飲み足りない!」と元気いっぱいなので、ホテル近くのシーフードレストランで飲み直す事を提案して、ひとりだけ先に部屋に戻った。シャワーを浴び、ベットでTVを見てたら調子が良くなってきたので「合流した方がいいかな?」と一瞬考えたが、明日は正念場のウィークエンドマーケットなので「2時間もすれば帰ってくるだろう…」とタカをくくって横になっていた。が、3人が戻ってきたのはそれから4時間後の、深夜1時過ぎだった…
Profile
Article retrieval
Comment
Amazon
Rakuten
Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: