禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻子と愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

『この世界の片隅に』

gazou

ボクが子供の頃は、太平洋戦争を題材にした映画の上映会が学校の体育館や公民館で結構頻繁にあり、どこの図書館にも漫画といえば『はだしのゲン』 て感じで並んでいて…ちょうど戦後20年過ぎた頃で、高度成長期と好景気に煽られ「どんどん近代化する社会に対する違和感を感じてる戦中戦後派の焦り」みたいのもあったと思うんだけど、両親も教師も積極的にそういう…戦争映画を見せたがっていた気がする。

大嫌いだった。とにかく「あの悲惨だった戦争を繰り返さない」ことだけを主眼に作られた作品たちは、悲惨さや悲しさ・気持ち悪さや怖さを前面に押し出した“地獄絵図”のような内容で、観てしまった後は何日も悪夢にうなされたりした。

漫画家こうの史代さんが『夕凪の街 桜の国』を経て描いた『この世界の片隅に』を読んだ時、そして“THE BEST MANGA 2010第1位”“文化庁メディア芸術祭優秀賞”“最高の本!2010グランプリ”と立て続けに賞を獲った時、ついに現れた!とホントに心の底から嬉しかった。やっと、怒りや悲しみで思考停止してしまうような「反戦ありき」ではない(だけど多くの人の心を捉える)戦争漫画が現れてくれた!と…できることなら、10年後20年後の小学校の図書館には『はだしのゲン』ではなく、『この世界の片隅に』が並んでいてくれないかと!そんなことすら望んでしまうくらいに。

で、今月『この世界の片隅に』のアニメ映画が公開された。『この世界の片隅に』を心から愛する監督が、ただでさえ参照資料の多いこの作品の、さらに裏付けや具体的な舞台の特定に長い時間をかけ、30回以上広島・呉に足を運び…日々の暮らしに、飛び交う戦闘機にリアリティを求め…追求して追求して作り上げた作品。どこまでもマニアックで、それでいてポピュラーに仕上がっている。漫画同様、多くの人に受け入れられる作品として成功を収めるであろう。まあ、個人的な希望としては成功うんぬんより、終戦記念日付近になると繰り返し放送されるアニメ映画が『火垂るの墓』でなく、『この世界の片隅に』になってくれたらどんなにか!と思ってしまう。

最後に、アニメ版『この世界の片隅に』の感想を書かせていただくと…「良くも悪くも監督が作品を愛しすぎてる作品!」と思いました。愛してるからこそ妥協を許さず深く描かれている反面、愛してるからこそどのエピソードも捨てきれずトゥーマッチな構成になってしまってる印象。アニメ版を観て改めて、自分が漫画版を大好きだったことに気づかされもしました。自分と同い年の、同じように残酷な戦争映画が好きではなかったこうのさんが綴った、戦時中なのに“社会”でなく“世界”の視点から人間の生活を描いた漫画…「自分の娘にも読んでもらいたい」と思える素晴らしい作品だ。


七五三

DSC_0127

七五三のお参りに、ご縁のある帰命院さんへ行ってきました。産まれる前からご祈祷していただいたりと、色々気にかけていただいてるお寺さんなのでこうして「無事(数えで)3歳になれました」と手を合わせ報告できて嬉しかったです。七五三というイベントにそれほど思い入れがあったわけではなかったけど、想像以上にひと区切り感あった!子河童は住職のタイコに合わせて踊ってました。

帰命院さんもそうですが、子河童のことをあたたかく見守ってくれてる友人・知人にホント感謝しております。毎年、美味しい野菜送ってくれたり、子河童にプレゼント送ってくれたりしてくれる友人…こちらから同じだけのお返しが出来てるとは思えないけど、皆の優しさを尊敬してます。イベントで声をかけてくれる方々にも…そう、こないだも「子河童ちゃんに会いたくて!」と来てくれた方もいらっしゃったけど、ホント嬉しかった。「我が子が身内以外の人に認知してもらえる喜び」というものが存在することを知りました。

そして、パソコンやスマホの向こう側でチラチラ気にしてくれてる方々にも感謝。いつか、どこかですれちがった時に声かけていただけたら嬉しいです。落ち込むことも多い毎日だけど…何とか次、7歳という目標が見えてきたので、そこに向けて子河童の手を夫婦でしっかりと握り3人で歩いて行きたいと思います。


武蔵

いつ行っても作りたてのカツ丼が300円で食べられる食堂があったら人気店になりそうなもの…でも、不思議といつ行っても空いてる店、それが武蔵。チビが昼寝してる間、ひとりで市内に用足しに行ったついでに寄ったら壁に見慣れぬ品書きが

IMG_2847


「本日限定一食 超大盛(約三人前)焼肉カレーライス 580円」普段あまり特盛りメニューに手は出さないんだけど、金額的にリスクがないこともあって気がゆるみ注文してみた。

IMG_2846

思った通り、なかなかのボリュームだが中学生男子なら平常心で食べきるレベルの大盛りだ。カレーを運んできたおばちゃんが珍しくちょっと笑顔だった気がして「おっ」と声を出してみたが、すぐに真顔になったので会話には至らなかった。

肉とメシ、カレー肉メシ、乾き気味のキャベツに肉を馴染ませ、福神漬けでアクセントをつけて…ひとサジひとサジに少しづつ変化を作ったのが功を制したのか、終盤まで大きな後悔することなく食べきることができた。

席を立ちお会計…特に会話はなく、何故かお釣りを目の前のボクに渡さずサイドボードのトレーに置き(どうぞ) とジェスチャーで指し示してくれる斬新なスタイル。実に武蔵らしい!と思いつつ店を後にした。


蝲蛄

IMG_2817

今日は2歳児とザリガニ釣り。先月この池の隣でやったイベントの時、小学生男子たちがザリガニ釣りまくってたのを見て2歳児が自分もやりたい!と泣き叫んだのを「今度やろう、また連れてくるから」と誤魔化したのだが、何とか本気の冬になる前に約束守れて良かった。とはいえ、かなり水温も下がってるし水も濁ってたので心配しつつ竿を下ろしたが、アッという間に釣れた。

30分ほど遊んで大小5匹くらい捕まえ、2歳児も初めて間近で見るザリガニに興奮したり網を振り回したり楽しそうにしていた。お約束で「もってかえる!」と言いだしたが、まだ強く食い下がりはしないので「また釣りにこよう」と説得したらアッサリ諦めてくれた。ここで、ゴネるようになるとまた厳しい闘いが待ってるのだろう…

IMG_2829

冷えた身体で近くの『つけものと手打ちそばの伊澤』さんへ…暖かい部屋で美味しい蕎麦を堪能!伊澤さんにお菓子をいただいたり、おもちゃを出してもらったりして上機嫌なチビを尻目に、のんびりオヤジ育児談義できて楽しかった。近所に良いザリガニ釣りポイントがあって羨ましい!と伊澤さんに言ったが「ザリガニなんて、さわりたくもありませんね」と、一刀両断だったのが面白かった。


塩分過多

IMG_2774

今日は、仙台の『杜の都アート展』に毛玉工房出店。おかあちゃんが頑張ってお店やってる間、父娘は動物園に行ってきた。こないだ、帰省時に動物園行った時は2歳児ひとりに対し大人4人だったから超のんびりだったけど、さすがにひとりで対応だと…厳しかった。

チビが腹減ったと言うので、フードコートで食べたラーメンとチャーハンは「あれっ?仙台で1番目にしょっぱいメニューと2番目にしょっぱいメニュー頼んじゃったのかな?」と思うくらいモアソルトだったし、空腹宣言したチビは3口づつしか食べないし…ていうか、冷静に考えればそんなのいつものことなんだけど、「2人で食べるから」というデブ脳が毎回のように判断力を鈍らせ、早々に食事に飽き走り回る我が子に怒号を飛ばしつつ単品で注文しちゃった二品を無理矢理胃袋に詰め込んで(しっかり完食)しまう自分もイヤ。

出店終わったおかあちゃんにべったりの2歳児はハイテンション!久々の他県出店で、作品にたくさん好反応もらった天才妻も機嫌良く、皆笑顔で家路につきましたとさ…めでたしめでたし(ゲフッ)


Profile

hagenama

Article retrieval
Comment
Archive
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Rakuten
Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: