禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻子と愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

2007年03月

Piano Man

nodakan.jpg

自分がギターをいじることもあって、当然ギターが主役の音楽も好きだが、ピアノ(キーボードじゃなくて、あくまでピアノね)とドラムが強く主張しているバンドサウンドというのもかなり好きだ。最近だと、sachikaさんのオススメで聞いてみたらえらくカッコ良かったMikaとか、過去だと…そうそう、Billy JoelのライブのオープニングのPrelude~Angry Young manという流れも、何度聞いても鳥肌モンの展開…思わずピアノを弾いてみたくなっちゃう音楽だよなと思いながらYouTubeで検索してみると、やっぱりマネして弾いてる人の多いこと多いこと!

 Mika / Grace Kelly(LIVE)
 http://www.youtube.com/watch?v=tVXpYekcJ34&mode=related&search=

 Billy Joel / Prelude~Angry Young man
 http://www.youtube.com/watch?v=ErPywgiMb4k&mode=related&search=

去年、そんなボクの趣向にビタッとハマるアーティストを発見した。音大出身の末光篤というベースボールキャップのおにいちゃんを中心としたSUEMITSU & THE SUEMITHというバンドだ。キャッチーなピアノのリフと、耳に残るメロディー!それを支えるのは、パワフルなドラムを中心としたバンドサウンド!そして、ボーカルが…さすがに雑誌等では追求されてないみたいだけど、これはモロに佐野元春でしょ?や、すっごいカッコいいよ!マネとかパクリって次元じゃなくて「佐野元春にこういう音楽やって欲しかった」と思うような「こういうのやればバチッとハマるのになあ…」と思ってたのをSUEMITSU & THE SUEMITHがやってくれてるのよ!だから、ガビーンて思ってYouTubeで検索してみたんだけど、まだ1曲ぐらいしか見当たらなくて「とりあえずアルバムが出るのを待とう」って感じだったんだけど、こないだ雑誌spoon.を見たら裏表紙にSUEMITSUが!しかも、のだめカンタービレの主人公と一緒にイラストになってるし!関連記事を読んだら、アニメ版のだめカンタービレの主題歌をSUEMITSU & THE SUEMITHが歌ってるのね、そんでこれをステップにアルバム出して一気に売れちゃおう!という計画なわけね…なるほどね…で、さっそく曲を聞いてみたら相変わらずいいじゃない!んで、YouTubeでも曲がグッと増えて注目されてる感じじゃない!いいじゃない!

 SUEMITSU & THE SUEMITH / Allegro Cantabile
 http://www.youtube.com/watch?v=ssTolGnKuOc&mode=related&search=

いいじゃんいいじゃん!と、その流れでのだめカンタービレのアニメも見てみたわけですよ。あんまり流行ってるんで、アニメはもとよりマンガもドラマも避けてた部分もあったんですけどSUEMITSUがspoon.のインタビューでベタ誉めしてた事もあって興味をひかれて…や、おもしろかったですよ、さすがに。とりあえずグッと引っ張られて6話ぐらいまで見て、千秋先輩がストーリーの中心でのだめは「ぎゃぼー」って言うだけのシーンばかりになってきてないか?と不満を持ったんですけど、最新の11話まで見たら満足しました。ちなみに山形では、のだめのアニメ放送されてません…隣県は、秋田も宮城も新潟も福島でもやってるのに!最悪だ!ドラマ版も何話か見てみたけど、どうもぎこちなくて…「ぎゃぼー」もアニメの方がしっくりくるし、ドラマの真澄ちゃんとか全然説得力ない…ゲイっぽくないし、打楽器ヘタそうだし(雰囲的に)、山形の匂い(山形出身という設定)もしないし…唯一、玉木宏の声だけはいい!すごくいい!これだけのために「もう1話見てみるか…」と思ってしまうほどいい!ていうか、声のいい俳優といえば、豊川悦司ですよ!あの、すぐひっくり返っちゃいそうなハスキーな低音がたまらん!あの声で「どうしても殺したいヤツがいるんです…」って語られたら「ボクが殺りますよ」って言っちゃいそう!というわけで、話がどうしようもなく脱線してしまいましたので、最後はルックスやインタビューの内容から「ふてぶてしそう…」と思っていたSUEMITSUが、POPジャムに出演した時のガチガチにあがってしまってる映像を見ながらお別れしたいと思います。それでは、みなさんごきげんよう!

 SUEMITSU & THE SUEMITH / Allegro Cantabile(POPJAM)
 http://www.youtube.com/watch?v=7dd9fshiaaY

 

暮夜気

ayadochi.jpg

今朝、どこぞのニュースサイトで見かけた綾戸智絵のバナー広告。この「やったるで~って感じでガッツポーズお願いしま~す」「あ、凄くいい感じいい感じ、じゃ、もうちょっと眉間にシワよせて気合いの入ってるとこを…あ、そのまま口元だけニコッって出来ません?はい、いいですいいです、それもらいま~す」「はい、お疲れさまでした~」みたいな“やらされてる感”が痛々しい…ちなみに、この会社のサイトに行くと綾戸智絵のもっと寒いポーズの写真をたくさん見ることができます。「がんばれ、マイマネー」いうてるからね、驚くわホンマ



detax1.jpg

最近、キーワードで拾って自動的にコメント&リンクを貼りやがる輩が多くて辟易している。これも「デトックス」というタイトルに反応したらしく、ボクの書いた「デトックス拒否」という日記に「お勧めデトックス」なんていうトンチンカンな内容のコメントを書き込んでいきやがった。「いきなりのコメント失礼しました」って、ほんと失礼だよ!玄関に「セールスお断り」ってステッカーを貼っておいたら、セールスマンが来て「あの、表に“セールス”って書いてあったので伺ったのですが…」みたいな話

24b7e3fc.jpg




mixiで同級生と数十年ぶりの再会!というよく聞くエピソードに憧れて、何人か学生時代に仲良かった友人の名前を検索してみたら、やっとのことで1名発見!日記をもマメに更新していて「ほほう」と思い早速マイミク依頼を出してみた…が…メッセージの返信なし、マイミク登録もされず…数日後「最近ログインしてないのかなあ?」と思い再訪してみると、ログインはしている模様…そ、そうかよ…拒否しやがったのかよ…未だに高校生の時にオマエん家のストーブで、嫌がるオマエを無視して餅を焼いて食ったことを根に持ってるのか?(ものすごい大ゲンカになって2年間口を聞かなかったが、共通の友人が間に入り和解…したと思ってたんだけどなあ)いいよいいよ、ちきしょーめ!こっちから願い下げだよ、ふん…と思い、さっそく数少ない小学生から続いてる別の友人にグチる「mixiって知ってる?小川のやつがやってるの見つけたから声かけたのに拒否されたよ」とメールしたら「そっか、小川らしいな」なんて呑気な答え。mixiを知ってるかどうかに返答がなかったので「もしや」と思いそいつの名を検索してみると…いた!お、お前もやってたのかよ…ガビーン

まあ、彼の場合は長いことログインしてなくて日記も無し、マイミクも1名のみで「部下に誘われて登録してみたけど、速効で飽きた」って感じだったので安心したけど、それにしても気まずい…あいつ、自分が登録したこと覚えてないのかしら?

有朋自遠方来 不亦楽乎

dbb763f8.jpg


先週末は、関西からゆにちゃん、秋田からザキくんが遊びに来てくれた。関西から飛行機で1時間ちょい、隣県の秋田から車で5時間て何だか難解なナゾナゾのようでおもしろい…遠くて近いけど、近くて遠いのな~んだ?

ゆにちゃんはよく笑う、実に反応が良く何気ない会話であっても話している相手を気持ち良くさせてくれる。しかも、愛想笑いをしてるわけではなく、ちゃんと「あなたの言ってる意味を理解してますよ」というリアクションを含ませつつ無邪気に笑ってくれるのだ…素晴らしい。ボクも会話してて何度か「あ、引っ張られてる」とハッキリ実感してしまった…反応がいいから、ついついノセられ語ってしまうのだ。あ~あ、こんな事を書いてしまったから、きっと次回会った時はギクシャクしてしまうんだろうなあ…そこまでして書く必要があるのか?ボクはボクにそう問いたい。

夜、みんなで居酒屋で飲んでた時、ボクの高校生時代の話しになった。社会科の授業中、学年主任の梶原先生が相澤さんというサッカー部のマネージャーをしていた女子に「お前にサッカー部のマネージャーなんかできないよ。お前は“男の生理”ってわかるか?男にも女と同じように生理があるんですよ、それがお前にはわかりますか?」と冷たく言い放った。男の生理?梶原先生は「女にゃわかるめえ」的に話していたが、男のボクも具体的にソレが何かわからなかった。

「20年たった今でもわからないよ…」と話すボクにザキくんが「相澤さんて、可愛かったんじゃないですか?男子ばかりの部活にヘンに可愛い娘が入っちゃうと雰囲気がちょっと…こう…アレになっちゃうっていう、そういうことじゃないですかねえ?」「おいおい、そんな…あら?んん?」それで辻褄合っちゃいそうだなあ…まいった、20年来の謎をあっさり解かれてしまった。そうかあ、言われてみれば確かに相澤さんは可愛かったかもしれない…目立つ美人ではなかったが、メガネとショートカットが似合って愛想良く、ちょっと天然入ってて男子がちょっかいを出したくなるタイプだったような気がする。そうかそうか、梶原先生は相澤さんが可愛かったからマネージャーが無理と…改めて正解を聞いてみたいところだが、先生が存命中であったならなあ(お元気です

ビールを結構飲み、それなりに酔っぱらったのだが最近頻発している酒乱が怖くてはしゃぐにはしゃげない(おかげで乾杯写真もない)。ウチで落ち着いて飲み直そうとタクシーで移動し、ゆにちゃんのオミヤゲの台湾ビールを何杯か飲んだが、翌日の二日酔いが気になってしまい混乱したまま一番先に床についてしまった。おかげで次の朝は極めて軽い二日酔いで済み、無事2人を温泉だの食事に連れて行くことができたのだが…できたのだが、所詮飲んだくれキャラの自分的にはスイッチ入れても入れなくても後悔が残るとは、八方塞がりな感が強く、ちょっと滅入ってしまう。ゆにちゃんを空港まで送り、ザキくんとも「また、飲もうね」と駐車場で別れた。曇り空を割ってのぞいた夕焼けが「これでいいのか?」と問うておるようだった。これでいいのだ

74ee44c5.jpg


猫餃子

ここ最近、いつも一緒にタイに行っては飲んだくれている彩が、デイリーポータルZで『タイの猫まみれトイレ』という話を書いております。ボクもこないだのタイ仕入れ日記の中で軽く触れた、飲み屋脇の猫だらけトイレのエピソードなのですが、うまくまとめられていて猫好きなら胸トキめいてしまうこと必至でしょう!猫写真郡の中に何故かゼニが混ざってたりもしますが…



539b32e0.jpg


『山形ラーメン消化機構』のコメント欄で、くるまや上山店が今月で閉店という情報をいただいたので、最後のギョウザ月曜サービスデーに行ってきた。となりの常連らしい年配夫婦に、店のおばちゃんが「ギョウザの日、今日で最後だから」「え?」「ここ、閉めちゃうの」「え?」「…そうなの」「え?」年配夫婦はおばちゃんが去った後もしばらく目が点になったままだった。ラーメンはともかく、ギョウザがおいしかったからなあ…もう、ニンニク臭を消すために午後の仕事中に延々とガムを噛むような事もないってことか、ちょいと寂しいな

煮えの途中

こないだ、ポチあにきと2人で飲んだ。ずいぶん前から酔うと「いっぺん男2人で飲み行こうゼ」なんて話していたのだが、ついにそれを実現する日が来たのだ。山形に移住してからのボクは、いつもどこに行くにも妻と一緒なので、妻と同行も合流もせずに友達とサシで飲むという行為自体が何年かぶりであった。2人共「カミサンがいないから、これは内緒で…」などという話があるわけでもなく、互いに酒の失敗談など(主に粗相関係を…)を語りつつ楽しく飲んだ。ただ、ボクは相変わらず自分の酒乱発動が怖いし、ポチあにきは家に残してきた奥さんの手前あまりベロベロになって帰りたくはないという思惑があったらしく、普段の我々に比べるとかなりおとなしいペースでの飲酒だった。

そんなボクらの姿に馴染みのマスターが業を煮やしたらしく、山形の酒蔵で造られているにも関わらず山形の酒屋には出回らないという幻の酒『十四代』をふるまってくれたあたりからペースが上がった…というか、上がってしまった。我々以外のお客さんが帰ったのを見計らって「歌いたい」というマスターと連れ立って、ひなびたスナックに入った頃から記憶が怪しくなっている。注がれるままにガンガン飲んでいた焼酎の水割りを空けてるうちに、皆が「代行が…」「タクシーが…」と言ってザワつき、ふと気がつくと1人きりになっていた。別に居眠りしていたわけではないが「ん」とか「あ」なんて言ってるうちに、皆サーッと消えてしまったのだ。

薄暗いカウンターだけのスナック…静まり帰った店内、店主のおばちゃんの洗い物の音だけが響いている。ボクは、手元に3つ4つ並んだグラスをただ空にするためだけに、ノドへと流しこんでいる。いま書いててもゾッとする…この時、ボクは空っぽだった…何も「想い」のない空っぽの不出来な土偶だった。おばちゃんに一言二言声を掛けて店を出る…あたりまえだが、店の外にも誰もいない…ポチあにきもマスターも本当に帰っちまったんだな…タバコに火をつけてフラフラと狸小路を歩き出す。本人は、松田優作か萩原健一かってな風来坊気取りだが、端から見たら単なる路地裏の酔っぱらい…TVドラマならチンピラにぶつかりボコボコにされる役所だろう。

「そうだ、あそこに行こう」最近顔を出していないBARが近いことを思い出し行ってみたが、店は閉まっていた。いま思うとラッキーだが、この時はガックリと肩を落とし、頭を抱えた。おそらくこの時、店の前からメールしたのだろう…携帯電話の履歴に残っていた妻へのメール「帰り道」とだけ打っている。フラフラのまま家まで歩いて帰り、妻にその夜の出来事をひとしきり話したらしいが記憶はない。あの、ふと気づいたら誰もいなくなってた時…ひとり置き去りにされたかのように放心していた自分を思うと怖くなるが、酒乱は発動せず妻の元に帰ったのだと、誰にも迷惑をかけてないはずだとそう信じたい。



そんなわけで、『酒豪伝説』の効果がついに実感できなくなってしまったので、そろそろいっぺん『ヘパリーゼ』に戻ってみようかと楽天で調べたら、えっらい安く売ってる店があってびっくり!他の店の80錠の値段で150錠売ってる!「安すぎるんじゃなかろか?」と思いながらも注文したら、ちゃんと注文了解のメールが…まあ、実際届くまでは心配ですが(明日着予定とのこと)この値段なら飲酒時だけじゃなく毎日飲んでもいいかも…定価3780円が1328円て、半額以下じゃん!肝臓壊れかけの二日酔い人間としては嬉しいかぎり!んで、『ヘパリーゼ』の効果が薄まってきたら再び『酒豪伝説』に…


【ゼリア新薬】新ヘパリーゼプラス 150錠 1,328円【大特価】
Profile
Article retrieval
Comment
Amazon
Rakuten
Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: