禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻子と愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

2011年11月

老人と猫

2011/11/15/TUE
定時出勤定時退勤。トゥデイイズ『Zero23』締切日。今月もジュンがどうにかこうにか絞り出した童話を納品できた。編集部の帰りに『十八番』でラーメンとギョウザを食す…来よう来ようと思ってもなかなか来れなかったが、やっと!数年ぶりに頂いた醤油ラーメンは、相変わらずアッサリで優しい味だった。

ed553730.jpg


dd9bdf54.jpg


まぐろやで買って帰ったシメサバをつつきながら晩酌…DVD『ハリーとトント』鑑賞。老人と猫が並び歩くパッケージに惹かれ手にしたのだが、これが面白かった。テーマや脚本は現代的なのに、どことなく古めかしい雰囲気と思い調べてみたら、なんと1974年の作品!37年前?

街の区画整理のためにアパートを追い出された72歳のハリーが、飼ってた猫のトントと共に既に独立してる3人の子供達の元を渡り歩き、結局ニューヨークから大陸縦断し西海岸まで旅するロードムービー。息子娘や孫、旅の中で知り合う人々とのやりとりから、21世紀の現代でも不変なそれぞれの世代の人生の問題が見え隠れする。



猫とロードムービーなんて無理矢理過ぎる気がするが、意外にトント(猫)が飄々と演じている(ように見える)。非常に好感が持てるのが、現代のハリウッド映画とちがい「泣かせよう!驚かせよう!感動させよう!」という執着が弱い部分が、とてもドラマを滋味深いものに仕立て上げてくれている。心弱ってる人に頼られた時のあしらい方、トントとの別れの場面…ドライとも思えるハリーの言動は、72歳の“自分を知ってる大人”の慎み深さと哀愁がある。

所謂【名作物】を含め、古い映画に興味は無かったが少し興味が湧いた。

2011/11/16/WED
定時出勤定時退勤。昼飯は山の麓から降りて来たジュンと、街中の老舗寿司店でランチ。江戸前の丁寧な仕事がなされた海鮮丼、相変わらず美味しい。

16cd0f36.jpg


ランチの帰りに100均に寄ったジュンが「変質者にあった」とメールしてきて動揺する。体をさわられたわけではないらしいが、聞けば気持ちの悪い話しだ。ジュンはスーパー等に行ってもスグ通路をふさいでしまったりと、あまり廻りが見えないタチなので、慰めてるつもりがいつの間にか苦言を訂してたりして申し訳ない。男の人って、そういうトコあるわよね…

晩酌しながらDVD『トイレット』(2010年)鑑賞。『かもめ食堂』の荻上直子監督の作品で、キーパーソン的役柄のもたいまさこ以外全員外国人という異色作。予告編を見てもちょっとどういう内容か予測できなかったが、実際鑑賞してみて納得!意外にオーソドックスで起承転結のある娯楽映画だった。母親が亡くなり、言葉の通じないおばあちゃんと引き蘢りの長男、自分の事しか考えてないオタクの次男、大学生の娘というバラバラな家族が、序々に互いを理解し関係が再構築されていく…というストーリー。『かもめ食堂』以来、女性版竹中直人ともいえる個性俳優として引く手あまたなもたいに対する荻上監督の信頼が作り上げた、わかりやすく細部まで気持ちの入った日本発エンターテイメントムービー…って感じかしら。全編英語なのも潔い。



今夜は、山形市の美味しいお酒が並ぶコンビニ『ベニバーズとうかい』さんの被災地応援“しずくプロジェクト”第2弾のワインをいただいた。今回は、上山市にあるタケダワイナリーのデラウェア2009【瓶熟成】/白。甘口ではあるが、後に残らないスッキリとした甘味なので、ボクのような「甘いお酒はちょっと…」というオヤジでも美味しくいただけた。

3819886e.jpg


今まで、とくに行きつけの酒屋さんというのは無かったのだが、最近はこの『ベニバーズとうかい』さんへたまに行きゴソッと買って来る事が多い。お店の方が思い入れを持って仕入れてるお酒はやはり美味しいのだ…『ベニバーズとうかい』さんの500円ワイン、白も赤もいけるのよ!ジャスコにもやまやにも500円位のワインあるけど、全然ちがう。

 

 

風邪夫婦

2011/11/10/THU
定時出勤定時退勤。会社で一日中鼻水止らず。風邪か?何かのアレルギーか?DVD『ハートロッカー』(2008年)鑑賞。イラクにおけるアメリカ軍爆弾処理班の姿をリアルに描いた作品。女性監督という意外性も注目され、2010年のアカデミー賞をはじめ多くの賞を手にしている。全米イラク・アフガニスタン帰還兵協会に言わせると「戦争をわかりやすく伝えようとしているが、経験者の私達はあまりの不正確さにうんざりしてしまう」との事だが、登場人物の行動の有り得なさ等より“米軍あるある”みたいな、オフシーンでの小ネタのリアルさが強く、映画自体に大きな説得力をもたらしてしまってる感はある。ショッキングなラストシーンも、戦争映画にありがちな「登場人物が死んで終わる」「死なずに帰国…辛かった戦場を思い出し号泣」みたいなモノの先を描いており斬新。



2011/11/11/FRI
朝起きると前日からの鼻水に加え、咳と目眩が…完全に風邪だ。急ぎの仕事は無かったはずなので、一日寝込んでおくかと会社に欠勤願いの電話をしたのだが、昨夜仕事が入ったとかで出勤に…仕方ないので、マスクして出勤。

帰宅後、ジュンと外出。以前、山形にオープンしたばかりの時に訪れ“いまいち”な印象だった回転寿司店『うまい鮨勘』へ久々に足を運んだ。我々の主な活動範囲である村山~置賜地方内の他回転寿司店と比べなんぼか価格帯が高く、もちろんそのぶん美味しいネタもあるがそうでないネタも少なくない。よって、次回来店もしばらく先になりそう。

ゲオでDVDを返却後、本屋で『100%高崎晃』を購入。ハードロックバンド『LOUDNESS』のギタリストとして30年の活動歴を持つ高崎晃のギターテクニック指南ムック本なのだが、1993年に発売された旧版『100%高崎晃』はヤフオクで高値がついてる状態。満を持しての新装版発売という事でそこそこ売れるだろうとは思ってたけど、発売と同時にAmazonではまさかの品切状態になってしまい(今は在庫補填され普通に売られています)、ボクも焦って思わずこうして本屋に買いに来た次第。同年代のオッサン連中が目を輝かせて買ってるんだろうなあ…ラスト1冊をゲット!

スーパーとコンビニに寄って帰宅。風邪気をまとったままの外出だったので、疲れてしまいベットで熟睡してしまった。悪夢にうなされ目を覚ますと深夜3時。ひとりで『晩酌TV』をやってたジュンと一緒に風呂に入り、寝直した。

2011/11/12/SAT
定時出勤定時退勤。昨夜というか朝方「あ、ヤバいかも…」と言ってたジュンが完全に風邪をひいたよう…ベットから起きあがれず。ボクの方は、風邪の症状が弱まりつつあるものの本調子には遠いといったとこか。昼飯は久々に蔵王弁当のからあげ弁当!からあげも白飯も盛りが良く正直口飽きしてしまう程なのだが、たまに食べたくなる。

運良く仕事が早めに片付いたので、14時に早退して帰宅!ジュンと一緒に寝た。夜は、一日寝てちょっと具合の良くなったジュンが「昨夜出来なかったから、やろう!やろう!」と『晩酌TV』でチャンコ鍋をつつきながら熱燗をいただいた。

こないだ仙台でジュンが『リッペ』で買い物した時にしつこく説得して、どうにかOKをもらい注文していたiPad2が届いた。すごく薄く、すごく軽く、思った通りiPhoneとMacBookの中間的存在…じゃ、iPhoneとMacBook持ってるお前に必要ないだろう!とお思いの方もいらっしゃるかもしれないが、そうでもなかったりする。iPhoneでは画面が小さ過ぎるし、MacBookでは重いしキーボードは必要ない!という場面がかなりあるのだ。とか言いつつも2ヶ月後にホコリかぶってやしないかと怯えてる自分がいるのもまた事実…

2011/11/13/SUN
昨夜の『晩酌TV』が仇になったか、ジュンは風邪の症状が酷く寝込んでいる。ボクはヤマを越した模様。ひと通り家事を済ませ腹をグーグー鳴らしていたら、ジュンに「ひとりで外食してきていいよ」と言われたので、とりあえず家を出てクルマを走らせてみたが、休みの日にひとりで食べたいモノなど思い浮かばず、コンビニでフランクフルトやカラアゲ棒を買い帰宅。さっきは「お腹空いてない」と言ってたジュンだが、串を渡すとモリモリ食べていた。

夜、ジュンの具合が少し良くなったタイミングでGEOへ…DVDささっとレンタルし、『ステーキ宮』で夕食。日曜日の夜9時…こんなでいいの?ってくらいにガラーン。ボクはミックスグリル、ジュンはハンバーグ。

475ffddd.jpg


注文と一緒に「今、お節料理の500円くじキャンペーンをやってるんですけどいかがですか?」とウエイトレスさんにすすめられる…ハズレても系列店で利用できる500円券がもらえるとの事だったので、「じゃあ、1回」とお願いし、小さなクジ運を持ってるジュンに引かせたたら見事1等!1万円相当の豪華お節料理ゲット!…が、ガランとした店内に風邪っぴきでテンションの低い我々と、入ったばかりぽいなのかぎこちないウエイトレスさんの3人だけでは盛り上がりようもなく「お、おめでとうございます…」「あ、どうも」「はい」みたいな。

食事しながら序々にテンションが上がってきて「やったじゃん!」「ひゅ~」となったが、ハンバーグの中に入ってた骨辺がガリッと歯にヒットして、再びテンションダウン…くじ当てたから何となくクレームも言い出せず。帰宅、風呂、就寝!

2011/11/14/MON
定時出勤定時退勤。晩酌しながらDVD『ミックマック』(2009年)鑑賞。『アメリ』のスタッフが作った作品!といえば想像つくだろうか…でも、ファンタジーとリアルの分量がいまいちピンと来なくて、感動までは至らず。チラリチラリと出てくる食べ物は美味しそうだった。21時からBSで『吉田類の酒場放浪記』を見るが、風邪っ気が抜けず酒飲む気はおきなかった…



  

 

ヌラヌラPAPER

我が妻、ジュンと2人でA3の紙いっぱいにくだらない絵や文を描き散らかした壁新聞的ペーパー『ヌラヌラPAPER』を作りました。ご興味持たれた方は、ぜひお近くのセブンイレブンに行っていただき、コピー機のモニターから[ネットプリントサービス]を選び、認証番号[62566765]を入力していただきますと、ヌラヌラヌラっとプリントされますので、どうぞどうぞよろしくお願い致します。ちなみに、プリントには20円かかりますが、これは我々への報酬では無く純粋にコピー機使用料といいますかプリント代ですので、ご了承ください。

f5c4d310.jpg


内容については、見てのお楽しみということで…まあ、バカらしいのはもちろんですが、とにかく上の写真を見ていただいてもわかるかと思いますが、細かくギッシリ埋まってる事だけは保障いたします!

この[ネットプリントサービス]を使った遊びは、武蔵美の学生のエラーさんという方が1ヶ月くらい前にTwitter発信で始めブワッと盛り上がったのだけど、そのアイディアの素晴らしさといい、内容の「我々の得意分野じゃん」な度合いといい、ビビビッ!ときて速効ジュンに「これこれこーいうの作ろう!」と話したんだけど、うまく伝わらず数週間…そもそもタイトルからして揉めて(ボクの提案した『ちんぽこ丸出し通信』は却下)、ボクのやる気がスッカリ失せた頃にジュンがピンと来たような感じで、でも何とか集中して2人で製作できたわけです。

元々ボクの「文章書いたり」という遊びの始まりは、中学生の時の壁新聞だったわけです。スポーツ得意な少年が特に練習したわけでもないのに、ある程度早く走れたりするのと同じで、ボクは壁新聞だったわけです。努力しなくても他のクラスメートより、スラスラと文章も四コマ漫画も描けた。そして、何より自分が楽しかった。なので、中学卒業後も壁新聞仲間とでもいおうか…一緒に作ってた仲間ではなく、むしろ他のクラスの自分より面白い記事を書いてた知り合いを巻き込んで、フリーペーパーというかコピー誌?ミニコミ誌?を作ってたのです。あれれ、話しが長くなってしまうなあ…《中略》

まあ、とにかく壁新聞が好きなのですボクは。そんで、ジュンは数年前から「フリーペーパーを作りたい」と言ってたのよ(ヌラヌラPAPERは20円かかるから厳密にはフリーペーパーじゃないのだろうけど)。後、このネットに繋げば何でも無料で見れる時代に、わざわざコンビニまで出向いて、20円とはいえ身銭を切って我々のくだらないラクガキを手に入れようと行動してくれる人がどれくらいいるだろう?いてくれたら嬉しいな…という、そいった思惑が重なりこうして作り上げたわけです。めでたしめでたし

最後に、ミツオくんと愛犬週間の2人が中心になって作られたフリーペーパー『忍者の戦い』に参加した事も、我々の「バカらしいこと満載のフリーペーパー、いいじゃない!面白いじゃない!」というテンション沸騰に大きな影響を与えてくれた事も付け加えさせていただき、『ヌラヌラPAPER』発刊の挨拶とさせていただきます。『忍者の戦い』最終号の原稿は、未だ印刷されぬままミツオくんのカバンの中でカビつつあります!ご清聴ありがとうございました。

 

恋愛サーキュレーション

2011/11/08/TUE
定時出勤定時退勤。夕飯をいただきながらDVD『つむじ風食堂の夜』(2009年)鑑賞。自主製作映画出身の若い監督が撮った人気劇団の戯曲の映画化かな…と思いながら観ていた。低予算だからキャストも舞台も少なめで、でも無名俳優じゃ客を呼べないから頑張って八嶋智人を主役にたてて…みたいな。でも、エンドロールを見てビックリ!ベテラン監督の作品で、原作はロングセラーの小説だそうな。

少しでもつむじ風食堂の料理に「食べてみたい」と思わせる魅力があったら…少しでもつむじ風食堂の常連に「自分もなってみたい」と思える要素があったら、うまいことストーリーに潜り込めたのかもしれない。



いつも、ベットに入るとすぐに寝入ってしまうボクに比べ、寝付きが悪いジュンは延々とボクのイビキを聞かされる事になるのだが、この夜はボクのイビキに混じり亡くなった義母が話しかけてきたという…おもしろいなあ。寝てる人に何らかの霊がとり憑き、突然おどろおどろしい声色で「お前を呪ってやる~」みたいな話より全然合理的だし、想像しやすい。義母は「病気の時、そばにいてあげられなくてゴメンね…」と、しきりに謝っていたそうな。

2011/11/09/WED
ジュンの通院付添いにつき欠勤日。いつも通り、病院駐車場までのエンドレスな渋滞に辟易。前回診察以来の心配事であった担当医の不在が稀有に終わりホーーーッと一安心。3人で会話していてもキャッチボールがスムーズで嬉しい。このまま同じ先生にお世話になりたいが、来月再来月は不在だとかで、ちょっとショック…

昼食はジュンの希望で、病院近くのハンバーグしか出さない洋食屋『はせくら』で、もちろんハンバーグ定食。

5562e457.jpg


たっぷりのデミグラスソースがかけられたハンバーグは、つなぎが入ったフワフワな食感。素揚げのピーマン・ナスに濃い味付けのナポリタンと、かなり鉄板上は油っこい状態だったが、不思議とキレイにたいらげても胃もたれしないのである。サラダもフレンチドレッシングがたっぷり!そして、味噌汁は鰹ダシがたっぷり!という、濃い味好きだけどジャンクフードだと胸ヤケひどくって…な、中年男性には堪らない、白飯がガンガンすすむ店。

先週末も仙台に来たばかりなので特に用も無く、真直ぐ山形へ帰宅。まずは、運転疲れで昼寝。真っ暗になってから目を覚まし、ワインを飲みながらDVD『ゴジラ FINAL WARS』(2004年)鑑賞。現時点でのゴジラ映画最終作品であるのだが、これが観てビックリ!予想外の特殊映画で大爆笑!TOKIO松岡とケイン・コスギによる『M:I 2』『マトリックス』まがいのVGやワイヤーを多様したアクション、歴代怪獣の総出演、次から次へと出演する著名タレント・大物俳優・有名格闘家という無駄に豪華なキャスト…それらが、低予算で作られているなら失笑で終わるのだろうが、変にお金がかかってるので爆笑できるのだ。北村一輝の怪演もいい!これからの季節多いであろう自宅パーティーや飲み会の折、0時過ぎまで脱落せずダラダラと飲み続けるメンバーとツッコミ入れつつ見るのに最適だと言えるだろう。



続けてDVD『化物語 第一巻 / ひたぎクラブ』鑑賞。吉田豪監修のCD『ライブアイドル入門』の中で一番気に入った曲『恋愛サーキュレーション』が、化物語のOPに使われた曲だと知ってから気にはなっていたのだが、同僚Sさんに「超おもしろいんですよ~最高なんですよ~」と薦められたので、レンタルしてみた。

おもしろかった。メリハリある動き、画造りのセンスいいアニメ。美男美女の学園モノとか、顎鬚+指ヌキ手袋+くわえタバコ=達観キャラみたいなのとか嫌悪感すごくあるけど、それでも見ちゃうくらいおもしろかった。続きもレンタルしてみよう。

オープニングよりエンディングのが好き。



一応『恋愛サーキュレーション』版のオープニングも!



  

 

SUN CITY

2011/11/07/MON
定時出勤定時退勤。夕飯をいただきながらDVD『第9地区』(2009年)鑑賞。故障したUFOに乗っていた多量のエイリアンが地上に降り、隔離された第9地区で生活し続け28年…というストーリー。南アフリカでつい20年ばかりまでまかり通っていた悪名高き人種隔離政策アパルトヘイト、このアパルトヘイト時代のケープタウン第6地区からの強制移住が題材になっている。実際、人間×人間で行われわれていた悲劇を×エイリアンでフィクションとして表現しているとこが肝…ニヤニヤと笑い、後からゾッとする。



アパルトヘイトの象徴としてサンシティという白人専用娯楽施設の事が印象深い。豪華ホテルやカジノ、ゴルフ場にビーチといったリゾート環境に加え巨大なコンサートホールも備え、そこにクイーンやエルトン・ジョンといった大物アーティストを高額のギャラで呼び連日コンサートさせていたのだが、反アパルトヘイト運動の格好の的となり、出演したアーティストは槍玉に上がり、反アパルトヘイト運動に賛同するアーティスト(リンゴ・スター、ブルース・スプリングスティーン、ボブ・ディラン、ホール&オーツ、Run-D.M.C.、キース・リチャーズ、ボノ etc...)はサンシティという曲をリリースし「I ain't gonna play SUN CITY」と歌い世界中の注目を集めた。サンシティに出演してマスコミに責められたロッド・スチュワートが「ごめんよ…悪かった、許しておくれよ」と涙したみたいな記事を雑誌で目にした記憶がある…あっさり過ちを認めるとこが善くも悪くもロッド・スチュワートらしくて憎めない。クイーンは早々に「もう2度と南アフリカでは演奏しない」という声明を出し、巧みに批難をかわしていたはず。



続けて、DVD『リアリズムの宿』(2003年)鑑賞。一応、つげ義春の漫画『リアリズムの宿』と『会津の釣り宿』の2作品が原作という事になっているが、時代や設定は全く別物。現代の若者が成り行きの旅の中で「これって(つげ義春の)リアリズムの宿みてえだな…」とほくそ笑んでるような、そんな映画。くるりの音楽がいい。



  

 
Profile
Article retrieval
Comment
Amazon
Rakuten
Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: