禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻子と愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

2014年01月

仙台市青葉区『北京餃子』

仙台のオシャレデパートであるフォーラスの地下にありながら、実に…良い意味でガサツな雰囲気漂う中華屋さん。安さがウリの店ではあるんだけど、今時のチェーン系ファストフード店のような「キレイで安くて接客丁寧!でも原材料費は怖いくらい抑えられてます」みたいな隙のない感じじゃなくて、「値段が安くて盛りがいい!けれどガサツで味それなり」っていう、なんかボクのような中年男性にとっては…やたらと懐かしい感じなのです。中学の時に、一緒に映画見に行った友達が教えてくれた200円でラーメン食える店!みたいな…昔はそういう個人経営の店が結構ありました。

9fbe2555.jpg


北京餃子というくらいですから餃子がウリなのですが、150円という価格のわりになかなかウマい!これは真顔でオススメできます…手造り感あって味しっかり、まちがいない。奥のドンブリ2つは、曜日によってラインナップが変わる日替わりランチセット(550円)。写真にあるのは中華そばとスタミナ丼なのですが、麺類は中華そば以外に塩ラーメン・広東焼きそばにする事もできます。これが…実にこういう店らしくてグッとくるのですが、まずは店先に貼られたメニューの多さに悩む、どうにかメニュー決めても券売機のどこにそのボタンがあるのか悩む、やっと食券を買ってもそれをどこに出せばいいのかわからない…チェーン店のように導線案内なんて無いですから、え?え?となってしまう…で、まあカウンターにいる苦みばしったおばちゃんに食券を渡すわけなんですが、セットメニューだと突然「麺どれ?」って早口で聞かれる…そこでまた、え?え?となるわけなのですが、フッとおばちゃんの指刺す方を見ると「中華そば・塩ラーメン・広東焼きそばのどれかを…」みたいな小さな貼り紙がある。ここまでクリアして、やっと注文終了…もちろん、その場で待つべきか席で待機すべきかの指示は無し(席を確保して食券の番号呼ばれるまで待機が正解)。とにかく他の馴れてそうなお客さんの行動を真似るしかない。

いいんですよね…この、ファストフード店でサービスがどうとかイヤミ言ってるような人が来たら気を失ってしまいそうなガサツさが、たまらなく懐かしく居心地いい。スタミナ丼なんかも価格なりの味ではありますが、イオンのフードコートのような「冷凍物を湯煎しました」みたいのではなくて、ちゃんと厨房で中華鍋を振るって作って…まあ、こんな感じだよ!安いし!っていう、いいんだなあ。

9a4c30f7.jpg


手前は、広東焼そば(550円)…見ての通りのドカ盛りメニューなんですけど、今風の油や調味料の濃さでどうこうしようって味ではないので、不思議とスルスル食べれる。紅ショウガは正面カウンターにしかないので、呼ばれて持ってく時にしかのせられないんだけど、昼過ぎの時間帯になるとちょっとしか残ってなかったりするのね…ガサツ万歳!奥は、ニラレバ炒め定食(650円)と餃子(150円)…最初にジュンと来た時に食べた麻婆豆腐が、まあ…あまりに昭和な感じで「もう行きたくない」と言われてたんだけど、2度目なんとか付き合わせて食べたニラレバは気に入ってくれたという…危ないとこでした。

今時の風潮を無視して全面喫煙OKなので、嫌煙家の方が来ると震えるくらい煙いのですが、そこらへんも含めて昭和。客層は、やはり量と安さ重視の学生さんや愛煙家OL、スーツがヤニ臭くなってもかまわないという風体のやさぐれサラリーマンが多いですが、たまに家族連れが迷い込んで来ては「あれ?あれれ?」ってなってるのも実にこういう店らしく好感が持てます。王将も今みたくファミレス化する前は、こんな雰囲気だったような…是非、北京餃子にはこのままでいて欲しいと願わずにはいられません。
 

上山市石崎『みそのそば』

長い事一日おきにジュンの面会へ通っているので、曜日の感覚が無くなり「やけにクルマが混んでると思ったら週末か…」なんて事も多いのだが、それでも日曜日の夕暮れ時は特別だ。千葉に住んでいた時は、冬の西日と強い風に心が震えた。今は山に囲まれているので、真横から刺さってくる日射しも足元をすくうような強風とも無縁…嬉しい気もするし、どこか物足りなさも覚える。

そんな週末の夕飯時、山形市内のファミレスや回転寿司は家族連れで混み、流行のラーメン店はデート帰りのカップルや学生で列が出来ている事だろう…が、隣町である上山の飲食店はどこも空いている。こないだ、大丸食堂の事を書いたら知り合いに会う度に「気になる」と言われたので、イカ焼き以外のメニューも紹介できたらと思って訪れた。

当然空いてると思って店内に入ったら、何かの会合の打ち上げでもしてるらしくドワッと大勢で盛り上がってる声とタバコの煙りすごい。わ、わ、と思い店を出る…危ないとこだった、元気な時だったら宴会中のおじさんおばさんの噂話にでも耳をかたむけつつドンブリ飯を食らうのも悪くないが、生憎今日は日曜日の夕暮れ時…しんみり一人メシを満喫したい所存。

で、みそののノレンをくぐった…思った通り他に客の姿はない。厨房のおばちゃんに注文して新聞をめくる…テレビでは報道番組が低く流れている。新聞をとっていないので、こういう時にパラパラと地元企業の小さな広告を眺めるのが楽しい…フムフム、結構不動産関係が多いな。ひとしきり読み終えた頃に盆が運ばれる。

1848510d.jpg


ラーメンセット(650円)。ラーメンのスープはあっさり、しょっぱくないからスープをすすりながら麺をズズッとやるのがいい…中細の麺はやわめの茹で加減、最近のやる気あるラーメン店はどこも讃岐うどんか?てくらいコシのある、咀嚼してる顎が疲れちゃうような麺が多いが、いつかこういうやわらかい茹で加減が評価される時代が来ないものか。メンマはコリッコリ!中華そばのレベルの高い山形は、こんな美味しい自家製メンマが小さい店でも普通に出てくるが、他地方ではなかなかこうはいかない。2枚入ったチャーシューは、しっとり固くて味しっかり。

4987c748.jpg


みそのそばでは、麺類プラス100円でセットにしてくれるのだが、このセットのおいなりさんがなかなか美味しい…ゆかり(紫蘇粉)とゴマが混ぜてあり、注文受けてから詰めてくれる。お揚げがつややかで優しい甘味。

5b5b61ab.jpg


店を出ると、もう暗くなっていた…今年は雪が少なくて過ごしやすい冬だが、寒さは手加減なしでギュンと冷えている。ダウンジャケットのチャックをあげ、小走りでクルマにむかった。いつか、どこか今はまだ知らない町で山形のこんな寒さを懐かしく思う日が来るのだろうか
 

ロングタイム時々

昨夜は毎年恒例、蔵王のロッジ伊澤新年会にひとりで参加してきました。崖転落事故以来、ボクが泥酔する事がジュンにとって大きなトラウマになってしまい、飲み歩かずにいたので…四ヶ月ぶりの外飲み。いつも変わらず酒好きな友人達と楽しい夜をすごしてきました。崖転落事故で恐らく一番迷惑かけてしまった樹くんと、一番に崖下へボクを助けに来てくれたゾロさんと3ショット撮れたのが嬉しかった。

e92f5d5a.jpg


先週はお腹の子のMRI検査があり、やはり疾患はあり出産後すぐ手術が確定した。どっちみち手術。ジュンはとても落ち込んでいる…厳しいよな、厳しい。お腹の子を元気に産んであげられない母親の気持ちになってあげる事はできないが、お腹の子を元気に産んであげられない母親の亭主として頑張れる事を頑張りたいと思います。出来る事は自分で思うよりたくさんある…家族への愛を態度で示すのですのです
 

山形市あかねヶ丘『ぬーぼう 三代目』

あかねヶ丘ぬーぼうの爆中華(700円)は、いわゆる二郎系といわれるラーメン。これ系は食事として…普通のラーメンとして食べてる時はあまり好きになれなかったのですが、ある時フト気づいた事があって、それからは年に何度か呼ばれるようにして食べに行ってます。多量の極太麺と多量のモヤシをひたすらに口へと詰め込んでいると…咀嚼し続けていると、頭が真っ白になって自分が麺をすすっているのか、麺に自分が引っ張られているのかわからなくなる時がある。麺とスープと自分が一体化してしまうかのような…徐々に咀嚼の疲れや満腹感が消え、麺が食道を通り胃袋へと入り込んでくる感覚だけが鮮明になってゆく。

「はは〜ん、これは修行だな」と気づいたわけです。普通に食事としてじゃなくて、滝行か何かの修行だと考えられるようになると楽しくなってきて、それまで残してしまいがちだったのが完食できるようになった。前日から体調を整え、朝食のメニューも消化良いものを心がけて胃腸に余裕を持たせ、昼時を少しずらして入店!ドンブリを前にしたら、まず手を合わせ心を鎮める…レンゲと箸を巧みに使い麺とモヤシの上下を入れ替え(麺がスープに浸り伸びて量が増すのを防ぐのと、そのままでは濃いスープをモヤシの水分で薄める為)、まずは麺を集中的にすするべし!すするべし!暴れながら口元へと昇りくる極太麺と闘っていると、次第に集中力が高まり雑念は消え精神統一状態に!

食べ終えた後の満腹感や膨満感も心地よい…滝行を終え、震えたりケガしたりしてる人を見て「何でそこまでするの?理解できない!」と言う人がいるように、「何でそこまで食うの?理解できない!」と非難される事もあるかもしれません。でも、いいんです!「美味しい」「楽しい」を越えた先にしか見えない景色というものがある…ラーメンを普通に美味しくいただく事の先に、麺とスープと自分を一体化させてくれる世界がある!言い切ってしまう事には若干の迷いはありますが…でも、そう言われてみると何だか山のようなモヤシが!その頭上から流れ落ちる背脂が!壮大な滝のように見えてくるじゃありませんか?!

80a6ba1a.jpg


とまあ、胃薬飲みつつ書いております…今夜は寝苦しい夜になりそうだぜ!
 

仙台市宮城野区『加瀬』

利府市で30年間和食屋を営む店が産業通り沿いにオープンした“和彩ダイニング”で、牛タン関係のメニューを推している。店前の看板などメニューの安さを押し出したディスプレイになってるが、実際は安さがウリの店ではない。牛たんら〜めんととろける牛たん丼セット(900円)をいただいた。

9e5d527b.jpg


セット物特有のトゥーマッチな印象を与えない、スッキリとしたルックス!香りも際立ったものは感じない。

bdfb18df.jpg


牛たんら〜めんは、ホロホロと崩れるくらい柔らかい牛タンが中央に一枚…しかし、いかんせん薄く小さいので「牛タン食べました」という気持ち的な満足感が少しあるだけで、「肉食ったぞ!」という満足感はナシ。鍋の汁か?と思うくらいアッサリのスープに白髪ネギとセリのトッピング。この淡白な和風スープにセリがとてもマッチしていた。麺はノーマルな中細。

dbd8f67b.jpg


とろける牛たん丼は、あっさり塩味のそぼろあんかけと肉味噌の下からラーメンと同じ薄いホロホロ牛タンを一枚発掘!これがなかなか…“とろける牛たん”要素が薄すぎ(文字通り)ますが、あっさり和風あんかけが白飯に絡んで美味しい。

セット物にしては食後に「ブヒ〜食った食った!ゲフ」みたいにならず、しかしちゃんと満腹にはなれて満足度は決して低くないのですが…メニューの写真と実物との差がマクドナルド並みで、ちょっと不満がないと言ったら嘘になります。ご興味もたれた方はホームページをご覧あれ。
 
Profile
Article retrieval
Comment
Amazon
Rakuten
Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: