禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻子と愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

2015年05月

1歳児との外食

IMG_2081

子河童先輩がまだ0歳の時に『赤子と外食』なんてカテゴリ作って、「子連れで行ってみて良かった飲食店なんか紹介できたら面白いんじゃないかな?」と思って何度かやってみたのですが…いや〜自分でも予想はしてたけど、子供が動き回るようになっちゃうと厳しいですね!

ひとりで寝起きできない時期の0歳児なら機嫌良ければ座布団の上に転がしておくだけで、パパッと食べちゃう…なんてことができたので重要なのは「座敷席があるかどうか?」くらいだったのですが、ハイハイやつかまり立ちできるようになってしまうともう…テーブル上の物をアッチに移動しコッチに移動し…チビに何口か食わして、その隙に自分の口にも!と思った瞬間ブェ〜ッと吐かれたりなんかして、夫婦して目を吊り上げて「コップあぶない!」「いま麺をポイしたよ!」なんて怒号を飛ばしつつの食事…店を出てクルマにのってから「食った気しないね…」「ていうか、何食ったんだっけ?」みたいな感じ。

これが、もう少し自分でスプーンとか使えるようになるとちがうのかな…なんて思ってた矢先、天童の食堂でランチを済ました帰り道にジュンが「さっき隣のテーブルに子河童と同い年くらいの子いたじゃない?」「うん」「おとなしく子供イスに座って自分で食べてた…」「ええっ!マジ?」「…うん」確かに、つかまり立ちはできるけどまだ歩けないくらいの子がお母さんとその友人らしき女性といたのは見えてたんだけど、食事風景はボクの位置から見えなかったので全然気づかなかった…

うちなんて子供イスに座ってるどころか、テーブルの上に這い上がろうとしたり別のテーブルのティッシュに手を出したりドッタンバッタンだったのに…薄々感じてはいたけど、我々ちょっと甘やかし過ぎ?もっと一所懸命しつけするべきかも…育児書もう一度読み直してみます。トホホ


おいなりパン

こないだ鶴岡市のスーパーに寄ったら、内陸部では見かけない気になる惣菜があったので購入してみた。商品名は『ごまとうふ』となっているが『あんかけそうめん』と呼ばれる庄内では定番の惣菜らしい。

IMG_2352

羽黒山の宿坊で出されるという、ねっとりと美味しい鶴岡名物ごまとうふとそうめんに、みたらし団子のような甘い餡がたっぷりかかっている。“ちょっと変わったもの食ってる感”がジワジワと伝わってきて楽しい。ちょこんとおろしショウガがのってるのが、京都のあんかけうどんみたい…北前船を通じて京の文化が色濃く伝わる庄内ならではの惣菜なのかしら?なんて想像が膨らむ。

 “ちょっと変わったもの食ってる感”といえば、今日通りがかった上山市の焼きたてパン屋さんの店先に見慣れない商品名が…おいなりパン?

IMG_2390
 
 気になったので購入…帰宅後、さっそく食べてみた。

IMG_2391

IMG_2392
 
普通のおいなりさんと同じような甘辛い味付けの油揚げの中身がパン…まあ、予想通りっちゃ予想通りだけど「ちょっと手土産に変わった物でも…」なんて時には好都合かも。小ぶりなのでお茶うけに向いてるし、揚げパン系ほどコッテリじゃなく普通のパンほど素っ気なくもない。カミン1階『ゆあん』で売られてます。100円!


デザフェス報告

デザフェス出展から早10日、売上的には大きな成果は出せませんでしたが天才妻的には得る物がたくさんあった様で、帰りのクルマの中でも普段以上に熱く傾向と対策について語っておりました。「かわいい!」と手にしてくれる人はたくさんいるんだけど、とにかく会場が広く出展が多いので一度通り過ぎてしまうと二度と戻って来てはくれないという…でも、とにかく反応は良かったので手応えは強く感じておりました。

IMG_2318

ボクは基本的に子河童先輩の子守りを… とにかく行った事ない場所だったので、落ち着けない環境だったら具合悪くなったりする前に撤収!という心構えでの参加だったのですが、意外と会場内の空調も効いてたし、キッズスペースも混み合っていなくて快適…とまではいきませんが、なんとかしのげた感じでした。

IMG_2315

朝イチのキッズスペース…開場前だったので、さすがに貸切。でも、開場して時間がたつにつれ座る場所に飢えた大人たちが、囲んでるキューブの上にズラリと座り込んでしまって肝心のキッズ達が利用できない状態…一応「子連れ以外の方のご利用禁止」の立て札あるのですが、気づいてないんだか無視してるんだか…あまり酷かったので、一度受付のスタッフに対処お願いしたのですがその後も状況は変わりませんでした。ロビーの休憩スペースも「お身体の不自由な方やお子様連れ優先」の立て札がありましたが、空席を探してるベビーカーが近くを通っても腰を上げる人は見受けられませんでした。

ただ、まあそういった立て札があるだけでも、本当に困った時は声をかけるきっかけにもなりますし、スタッフに対処を求める口実になるので「無いよりはマシ」 かな…と思いました。以上、子連れ参加者的感想でした。

それはそうと、毛玉工房をのぞきにワザワザ電車賃と入場料かけておいでくださった方には感謝感謝!おそでさんもワザワザ会いに来てくれて嬉しかった!出展誘ってくれて、相談にのってもらったり店番まで手伝ってくれた玉置さんとせこなおさんにも感謝感謝!出展前一ヶ月、追い込みかけて気合いを見せてくれた美人妻にも感謝してます。おつかれさまでした!早速デザフェスでの刺激を糧に、新しいアイテムの増えてる毛玉工房を今後もご注目よろしくお願い致します!

毛玉工房

夫のボクが言うのもアレですが、うちのジュンは天才なのです。いや…まあ、天才は大げさとしても才能豊かな人なのです。そんな天才妻が『毛玉工房』という看板でチマチマとハンドメイド雑貨を作りだして早10年…最近は、ハンドメイドフリマとか多いのであちこちに出させていただいて、お好きな方に絶賛されたり別のイベントに誘っていただいたり…ありがたいことです。

先月からは、天童イオンモールのヴィレッジヴァンガードにも作品を置かせていただいたりしておるのですが、ついに重い腰を上げて今週末にビックサイトで開催されるデザインフェスタに出展する事になりました。以前から「デザフェスおもしろそう」とは思ってたのですが、まあせっかく出せる物もあるので様子見しつつ、毛玉工房の商品たちも様子見していただきに行ってみるべえ…となったわけです。

224c14b7.png


c7511ab5.png


d32b0b5e.png


e80f90e2.jpg


973.jpg

デザフェスの展示、ネットで検索して見てみると皆さん本気度高そうで、山形からちっさいテーブル抱えて参加する我々は浮いてしまう可能性高いですが…こんな連中を握りしめて行きますので、ご興味とお時間のある方は足を運んでいただけたらと思います。ちなみに出展は日曜日(5月17日)のみですのでご注意くださいませ。アクセサリーのブースにおります。ボクと子河童も同行しますが、ブースにずっといるのはジュンだけだと思うので、会場内で見かけたらお気軽にお声かけくださいませ。

ちなみに『毛玉工房』は、コチラでも通販しておりますので(我が家の家計のために)どうぞよろしくお願い致します。


Profile
Article retrieval
Comment
Amazon
Rakuten
Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: