日曜日に、前やったのはいつだか思い出せないほど久し振りにボーリングをしたのだが、それからものすごく腰が痛くなってしまった。その日のうちから洗い物するのもツライほどに痛いので「なんじゃコレは?(もちろん腰痛」と思っていたのだが、日を追うごとにつらくなり、何より仕事場のイスに座ってるのがキツくて困っておる。年齢と運動不足のことを考えれば「困ってる」とボヤく程度で済んでるだけまだマシかもしれないが、ほんと、風邪が治った途端に今度は腰痛とは実にブルーになる…良い意味で、いや、悪い意味で

「中年男性は酒を飲んでても体調不良の話ばかりする」ってのを何かのエッセイで読んだ記憶があるが、あれって本当ね。その文章を読んだ時は20代だったんでピンとこなかったが、ボクの場合は【肝臓】と【肥満】をレギュラーとして、その時々で気になってる…例えば今なら【腰痛】とかについてばかり話してる。20代の頃の気持ちに戻って客観的に考えるとすごく嫌なんだけど、これがすごく楽しいのだから困る。二日酔いに効く新しいサプリの話なんか最高に盛り上がるのよ(ボクの心が

こないだテレビで、三船美佳が買い物での節約話をしていて「私は牛肉は100円以下、鶏肉は50円以下のものしか買わない」と言ってたのを聞いてちょっと感動した。うちと同じだ!数日前、市内のスーパーで『キャベツ1玉81円』という情報が入ったので、サウナの帰りに寄ってみたのだがすでに売り切れ…しかし、キャベツが置いてあったであろう場所に小さな貼り紙があり「レジにて引き換え券を配布しております」と書いてある。レジで確認すると「81円で引き換え券を発行し、後日キャベツと交換いたします」とのことだったので81円を支払い、券をゲット!早速翌日の夜に同じスーパーに行くと、昨日引き換え券を購入した客が再び殺到してしまったらしく又してもキャベツがない…愕然としながらも、その日のお買得だったタマネギ1個25円(お1人様6個までだったので、カミサンと別々のレジに並んで6個づつ会計)を購入。レジで手を振る人がいるので誰かと思ったらなおなおだった(ちなみになおなおのカゴには食パンとウインナーが入っていた)「タマネギ買わないの?安いよ」と言ったら「実家の畑で作ってるからいくらでももらえる」とのこと…裏山鹿

今朝の通勤中、信号待ちしていると隣のクルマの運転手が手を振っている。誰かと思ったら、同じく通勤中のハルカちゃんだった…助手席の窓を開けてしばらく談笑、じきに信号が変わったので手を振って別れたのだが、いや~オニギリとか食べてなくて良かった、ラジオのパーソナリティーにブツブツつっこみとか入れてなくて、ヒゲ剃りの鼻毛ゾーンを処理してたりしなくて良かった…ちょっと「ホッ」とした

cfc05b5c.jpg


実家の猫『みかん♀』、兄妹の『おまめ♂』は超人見知りなので写真なんて絶対撮らせてくれないし、その姿も我々はいまだハッキリと見たことがない(たまに背後をササッと通り過ぎたりはする)。これって、ある意味UMAだよな…