禿生海峡冬景色

山形在住【食いしん坊中年男子】の平穏な日常に突如襲いかかる妻子と愛猫の嘔吐!そしてその内容物について…

死骸を探してる

月曜日で登校時に担いでく荷物が多く、週末の遊び疲れもあるだろうから「やれやれ、今朝も一緒に学校まで送る感じかな…」 と思っていたが、意外にあっさりと登校して行った。「え、ホントに?大丈夫?」とこっちがうろたえる…ま、まあ、これでいいのだ。

昼時、発送業務のついでに妻とくら寿司へ…

IMG_3237
 
やはり、天丼はランチのより単品で頼んだ方が満足度高いなあ〜!ランチのは、天ぷらの種類が多いんだけど、エビは1本しか入ってないのだ。

妻が販売開始前から楽しみにしていた期間限定のつぶ貝セットみたいのは、早くも品切れらしくタッチパネルメニューから消えていた。今日はそれを食べるために来た妻は、ショックでしばらく固まっていた。

IMG_3242

朝晩涼しくなってセミの声から虫の声にバトンタッチしたが、あいも変わらず日射しが強い。ヨボヨボと小学生を迎えに行く…最近、登下校に馴れてきた小学生たちの歩みが遅くて困る。前はノロノロながらもまっすぐ家路に向かっていたのに、今は道のあっちにフラフラこっちにフラフラ…後ろで誰かが「ミミズが死んでる〜」と言うと、みんなでダーッと走って集まりキャアキャア騒いでる。ホント、ずーっと何かの死骸を探してるんだよなあ。お迎えに来る親はついに自分ひとりになってしまった。

IMG_3249

帰宅すると千葉のばあばから届いたお手紙を真剣に読み、同封されていた図書カードをマジマジと観察して「コレなに?」。ひと通り説明してボクが預かることに…と、いま書いてて「どこにしまったっけ?」と思っております。探さないと…



 

☆5つ

週末は、ひでちゃん家族と共に米沢の小野川温泉に行って来た。なんと今回泊まった温泉旅館は、楽天トラベルで宿泊者の評価☆5つ!娘が温泉に行けるようにようになった頃、ちょうどクーポンサイトが活発にキャンペーンをしてたので、自営業で平日も自由に動けるのをいいことに結構あちこちの温泉旅館に格安で投宿させてもらったが、☆5つというのははじめてだ!もちろん期待してしまう…が、あまり期待すると落胆する可能性が高くなる?いやいや、どれだけ期待してもそれをクリアしてくれるのが☆5つでは?などとワクワクしつつ向かった宿の感想は…

まあ、あまり引っ張るのもアレなんで結論を先に書いてしまうと…「まあまあ」でした。

 IMG_3154

こじんまりした部屋は、掃除が行き届いており清潔。ただ、家具調の年代物エアコンからの冷風はカビ臭あり…空気清浄機も古くあまり役にたってない感じ。ビニール畳はくたびれてる。もちろん温泉の泉質はサイコーなので、『清潔感のあるレトロ温泉宿』を求めてる旅人にはピンとくるかも…そこが、☆5つの理由なのかな?

IMG_3204

食事は極めて素朴…これプラス芋煮が出たんだけど、全体的な味付けの甘さがとにかく印象に残るお料理だった。すき焼き(割下激甘)か鯉の洗いにトキメけない人には、テンション上げるの難しい!

IMG_3200
 
大人の75%程の宿泊料の小学生低学年の夕飯は、ほぼレトルトと冷食…☆5つらしからぬフットワーク軽めの仕事っぷり!

IMG_3206

朝飯も素朴!作りたてだというお豆腐が美味しい!特筆すべきは… 

IMG_3207
 
蓋付き小鉢で現れたこの…この煮物!極めて素朴な味付けのこいつがメインを張る世界線が存在したことに、自分の知らない知見の1ページが開けた気がしました。

ちょっと嫌味っぽくなっちゃったけど、はじめての☆5つ「なるほどな〜」って感じでした。小野川温泉自体がかなりひなびてて、朽ち果ててるような建物もある中、こういうレトロな佇まいと意外に清掃の行き届いた館内のギャップが高評価に結びついたのかな…フトンは羽毛でフカフカ、シーツも真っ白で清潔感ありました。

 IMG_3184

温泉街がコンパクトにまとまってるから、皆でフラフラ散策できるの嬉しい!

IMG_3195

クラシカルなルックスの公衆浴場が温泉街の中心にあって、すごく湯治場らしい空気感を作り出してる。裏手にある薬師堂も雰囲気あって好印象!

IMG_3170

次回はぜひ寒い時期に来て、小野川温泉名物『足湯から中華そばの出前注文』!にトライしてみたいなあ…今回はまだ暑くてちょっと厳しかった。

IMG_3212

お付き合いいただいたひでちゃん家族の皆様、ありがとうございました。息子くんが、ホントにうちの6歳児を妹のように面倒見てくれてありがたい…ふたり共ひとりっ子なので、これからも兄妹みたく仲良く育ってくれたら嬉しい!



 

鮎はアユ

朝から妻が豚軟骨に圧力をかけてソーキを作ってくれたので、インスタント麺にそいつをのせて勢いよく吸引してやった!満足!

IMG_3142
 
季節の変わり目の不安定な空模様…厳しい残暑が早く終わり、カラッと涼しい秋の風が吹いてくることを切望する。郵便局に向かう道、低く暗い雲間から射す陽の光が稲穂を黄金色に照らしていた。

IMG_3145
 
娘を塾に迎えに行く。一学期の終盤は塾の勉強に集中できずに、鉛筆全部折ってきたり消しゴム刻んだりとイラついてる印象だったが、最近は集中力がついてきてプリントに書く字も丁寧になってきた。先生も玄関先まで来て褒めてくれることが多くなった。

駐車場にクルマを停めてると、隣のオジサンがちょっとドヤ顔で「はい、どうぞ」 と釣ってきたばかりの鮎を手渡してくれた。小ぶりで美味しそうなサイズ!おそらく卵を持ってるとのことで期待が膨らむ。

IMG_3259
 
最近読んだ本で「鮎の味は川によって違う」というのを見かけたので、珍しく皮も内臓も食べてみたが鮎はアユであった。鮎大好きで頭から骨まで…とにかく全部食べる妻も「どこの川の鮎だから」ということ関係なしにガツガツと美味しそうに平らげていた。卵2、白子2であった。



 

贈りもの

今日は娘の通院の日であった。午後イチで学校を早退させ、家族3人クルマで隣県の病院へ…以前は診察室に3人で臨んでいたが、コロナ対策の一環として付添は1名のみということでボクは駐車場待機。外来ふたつ受診しないといけないので結構時間はかかる…近くのファストフード店でコーヒーをすする。

 IMG_3128

先月は関西の病院で4年ぶりのガッツリした手術だった。前回手術はまだ物心つく前だったので、痛ければ泣くけど痛みが薄れるとスグ遊び出したりと本人の心の傷は些細なもので済んでよう見受けられたが、今回はそうはいかない…術前には怯えるし、術後の痛みにも以前より敏感になっている。なので、数ヶ月前から夫婦で細かい『ご褒美プレゼント』をたくさん仕込んで行った。

プレゼントをネット通販で物色している時に、以前遠方の友人から「いつも頑張ってる娘ちゃんに何か贈ってあげたいからAmazonでリスト作って教えてくれ!」と言われたことを思い出した。自分の子のために友人とはいえ他人に物を乞うなんて…と抵抗がないわけではなかったけど、自分が逆の立場だったら友人の気持ちもものすごくよくわかる!ボクも同じように“ネットを通じて、赤ちゃんの頃からずっと写真を見せてもらったりエピソードを読ませていただいてる子”というのが何人かいる。その子達に何かあった時、寄り添ってあげることはできないけどポケットのコインをプレゼントに替え、その子が一瞬痛みを忘れることが出来たら何より…という想いはある。

思い切ってリストを作りTwitterに投稿した。そんなにリアクションがあったわけではないけど、もし手術を終え帰宅した時にひとつでもふたつでもプレゼントが届いたら娘が驚くはず…と思い、一週間の入院生活をすごした。はてさて、帰宅してみると毎日のように山のようにダンボールが届くこと届くこと…

IMG_3152

娘はもちろんビックリするわ嬉しいわで毎日大笑い!なんせ、届く荷物は全部自分宛で中身は不思議と自分が「欲しい」 と思ってたお菓子やオモチャばかり!そりゃそうだ、いつも隣にいて娘の好みに熟知してる父母がリストを作ったんだから!結局、Amazonのリストから20個もプレンゼントを贈っていただき、リスト以外からも色々とプレゼントをいただいてしまった。さすがに10個超えたあたりから妻と「こんなに一度に渡していいんだろうか?」「後はしまっておいて、ちょっとずつご褒美として渡す?」と話し合ったりはしたけど、せっかく皆「おつかれさま!」で贈ってくれてるので「それをストックするのも不粋だな…」と一生に一度あるかないかのボーナスタイムを満喫してもらうことにした。

今さらではございますが、贈っていただいた皆様に感謝を…本当にありがとうございました。贈っていただいたプレゼント、自分達で指定した物なのに何故か贈ってくれた人達の個性がビンびんに感じられて、我々的にもおもしろく…そして何より励みになりました。難病児を育てる苦しみと悦び、両方あるけど…こういう、声をあげると普段は離れて生活している友人達がパッと手を差し伸べてくれるのはホント…難病児を育てていたからこそ得られた感動のひとつかもしれないと心に染みました。今月末にもう一度、術後の処置のために入院して今回の手術は全部終了!落ち着いたらお礼状を本人に書かせますので、今しばらくお待ちください。

娘の病気は手術等で治ったりする類のものではないので、どんな形になるにせよ本人は一生付き合っていかねばならないものなのですが、ちょっとでも娘が生活しやすく、生きやすくなるよう我々両親はがんばっております。今後も変わらぬご愛顧を…じゃないな、変わらず見守っていただけたらと思います。ありがとうございました。



 

生命の軌跡

妻に「ちょっと散歩してきます」とだけ告げて、今日も娘の体育の授業にタイミングを合わせて家を出る。体育館横の路地でたたずみ、漏れ聞こえてくる先生の怒号に耳を傾ける…運動会の練習をしてるみたいだけど、かなり苦戦している。まあ、そりゃそうだよな…小学一年生には「偶数列・奇数列」を理解してもらうだけでも難しいもの。

IMG_3095

今日も暑い…側溝のグレーチングの奥に揺れる水面が涼しげだ。「先生も生徒もがんばって」と唱えつつ路地を後にした。少し遠回りして春先から定点観察している休耕田をのぞいた。

IMG_3099

カッピカピに乾いてる…今年は梅雨が長かったこともあって、呑気に「こんな住宅街に良いビオトープが!」なんてウホウホと観察してたけど(下は6月の写真)、容赦ない残暑にさらされてこんな状態に…台風きてザバッと大雨きたら、ちょっとは復活するんじゃ?と思ってたりもしたけど、これはもう…このまま本年度終了だな。あんなにいっぱいいたオタマジャクシたち…カエルになれたのだろうか?

IMG_2360

心潤すためにお気に入りの側溝ものぞく…今日もキレイな堰が立体的に流れている。

IMG_3104

カワニナの足跡が血脈のようで美しい。生命の軌跡に眩しく日光が差し込む。

IMG_3105

繁みを抜けて家に帰った。

IMG_3107

昼は近所のスーパーのイートインで、妻とカレーライスをいただいた。これでワンコイン!ご飯もお替りOK!これからは、外でカレーライス食べたくなったらここに来よう!つい興奮して、具合悪くなるほど食べてしまった…アホだ。

IMG_3113



 

Profile

hagenama

Article retrieval
Comment
Archive
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Rakuten
Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: